現在位置: ホーム / ビッグデータ ブログ / Tableau ServerのTips(Tableau Server経由でデータソースへのアクセス)

Tableau ServerのTips(Tableau Server経由でデータソースへのアクセス)

Tableau DesktopでTableau Serverを経由してデータソースへのアクセスを行う方法

はじめに

こんにちは、高橋です。Qiitaでは、毎年12月になるとテーマ毎に毎日記事を投稿していくAdvent Calendarというイベントがあります。今回のブログ記事は、Tableau Advent Calendar 2014の12月1日の記事としてTableau ServerのTipsとその他の意外と知られていないことを今回は紹介したいと思います。

Tableau Server経由によるTableau DesktopからHTTPSでデータソースにアクセスを行う方法

個人的にTableau Serverで良いなと思う機能の一つです。社内ネットワークから外部のデータソースにアクセスする場合に、HTTP/HTTPSでしか外部アクセスができないなんてことはよくある話かと思います。

その場合に、Tableau Desktopでは、Tableau Serverにデータソースの接続情報をアップロードしておくことで、Tableau ServerにはHTTPS、Tableau Serverから各種データソースには接続情報を元にしたアクセスをさせることができます。

これにより、Tableau Desktopで一度各種データソースへの接続情報を作成し、AWS上などに用意したTableau Serverにアップロードしておくことで、社内ネットワークのセキュリティの制約を回避することが可能になります。

2014-12-01_tableauserver_p1

 

利用方法

 Tableau Serverを経由してデータソースにアクセスする方法について紹介します。

1. 利用したいデータソースの接続情報を作成する

まず、Tableau Desktopを起動して、データソースへの接続から利用したいデータソースを選択しましょう。

2014-12-01_tableauserver_p2

 

2. データソースをサーバにパブリッシュする

データソースへの接続が完了した後、そのデータソースの接続情報をTableau Server上にパブリッシュします。データ -> データソース -> サーバにパブリッシュを選択します。

2014-12-01_tableauserver_p3

 

サーバにパブリッシュの設定では、Tableau Server上でのデータソースのパーミッションや、データの更新のタイミングを設定できます。このスケジュール機能を使うことでTableau Serverで動的にデータ更新がされるので便利です。

2014-12-01_tableauserver_p4

 

3.  Tableau Serverを経由してデータソースにアクセスする

2.まで完了した後、一旦Tableau Desktopを閉じ、再度起動します。その後、データ接続からTableau Serverを選択し、ログインすると先ほどアップロードしたデータソースが確認できます。

2014-12-01_tableauserver_p5

ここで先ほど作成したデータソースを選ぶことで、Tableau Server経由でそのデータソースにアクセスすることが可能です。

この方法の大きなメリットとして、Tableau DesktopからServer間がHTTPSで接続できる他に、データソースへのアクセス負荷やデータソースへのアクセス権限の管理がTableau Serverで集約管理できることなどがあります。

 Tableau Onlineでも同様の方法でクラウドのサービスへのアクセスが可能になりますので、ぜひお試しください。

Tableau ServerとTableau Onlineの違い

上記に少し紹介しましたが、Tableau OnlineはTableau社がホスティングしているTableau Serverのクラウド版です。
そのため、オンプレのデータソースへのデータ接続などはできませんが、クラウド上のデータソースへのアクセスやTableau Desktopで抽出したオンプレのデータをアップロードすることは可能です。

しかし、データ容量に制限もあるので、Tableau Serverの代用として利用するというよりは、Tableau Serverを購入する前に利用し、利用者が10人を超えてTableau OnlineもDesktopも使い込んできたらTableau Server版の利用検討をする必要があります。


その他:コミュニティ

Tableauの日本コミュニティもあります。まだまだあまり活発ではないですが、もっといろんなディスカッションが行われていくといいですね。あとは、Tableau Publicという自分が作ったワークブックを公開できるオフィシャルサイトがあるのですが、日本のユーザが公開しているデータがあまりないので、こういうところで活発に利用方法が紹介されていくといいですね。

  • Tableau Groups in Japan
    • http://community.tableausoftware.com/groups/japan
  • Tableau Public
    • http://www.tableausoftware.com/public/gallery

 

終わりに

簡単ですが、Tableau Serverの紹介を終わりたいと思います。
Advent Calendarはまだまだ空いてますので、記事の投稿をお待ちしております! 

 

今回取り上げた商品:Tableau Server

タグ: