現在位置: ホーム / EDB Ch. / EDB Postgres Advanced Server v9.6 新機能について

EDB Postgres Advanced Server v9.6 新機能について

EDB Postgres Advanced Server v9.6(EPAS9.6)新機能についてご紹介します。

主な追加機能は下記となります。
・更新処理をリモートで実行
・クリーンアップ状態、クエリ内の可視化
・Oracle互換のAPP間通信、データローダー機能追加

追加機能により処理が軽くなり、Oracleへの移行がますます容易になりました。

EPAS 9.6 パフォーマンス スケーラビリティ機能

•マルチ・コアサポートによるパフォーマンスの向上

 -シーケンシャル・スキャン,ジョイン、集計におけるパラレル処理

 -高速化されたクエリーにより多様なワークロードをサポート

•改善されたプッシュ・ダウン・ロジックによるホリゾンタルスケーラビリティー

 -ソート、ジョイン、更新処理のリモートデータベース上で実行

 -ネットワークトラフィックの削減、処理の高速化、より多くのユーザーのサポート

•同期読取りスケーリングによる同期レプリケーションの改善

 -優れたクラスター高可用性と同期読み取りスケーリング

 -同期レプリカで即時データ可用性を保証する

EPAS v9.6 モニタリングとマネジメント機能

•バキューム処理の進捗状況の確認

 -新しいビュー:pg_stat_progress_vacuumはクリーンアップ状態を表示

 -データベースの可視性とデータベース管理の容易さが向上

•低レイヤの待機状態を表示

 -クエリー内での低速と停止状態の表示

 -迅速で簡単なパフォーマンスのトラブルシューティング

EPAS 9.6 Oracle互換機能

•データベースの統合されたメッセージ・キューイング

 -Oracle互換のDBMS_AQサポート

 -アプリケーション間通信

•ネストされたプログラム

 -PL/SQL (サブファンクションとサブプロシージャー) サポート

 -モジュール・プログラミング化と問題解決を柔軟に

•EDB *Loaderの改善

 -新たに追加された5つのオプションによって、大量データの読み込みの柔軟性が更に向上

 -高速で簡単な大量データの読み込み