現在位置: ホーム / ゲストブログ / [第3回] 達人出版会 高橋征義の ITエンジニア向けおすすめブックガイド

[第3回] 達人出版会 高橋征義の ITエンジニア向けおすすめブックガイド

今回のゲストブログは、大好評連載、達人出版会 代表取締役社長であり、日本Rubyの会代表理事である高橋征義さんの、「 ITエンジニア向けおすすめブックガイド」です。 ITエンジニアの方のために、最近出版されたコンピュータ書(紙書籍または電子書籍)を中心にご紹介していただいています。今回も、「一部の読者にとって、何かのきっかけになる一冊」をテーマに、幅広くご紹介いただきました。(2015年09月09日)



みなさんこんにちは。高橋征義です。

今月も最近出版されたコンピュータ書(紙書籍または電子書籍)を中心としたブックガイド的な記事をお届けするのですが、そういえば連載にあたって、選書の方針について説明していませんでした。

この連載では、特に多くの人にお勧めしたい・安心してお勧めできる本のみを選んで紹介しているわけではありません(すみません)。ワインバーグの『コンサルタントの秘密』という名著(この本はお勧めです)に「ラズベリージャムの法則」というものが載っているのすが、そこでも書かれていたように、ターゲットを広くとっている本はどうしても薄いというか、無難なものになりがちです。むしろ、「なんだこれ」みたいなちょっと変わったというか、ちょっとクセのある本の中に、一部の読者にとっては何かのきっかけになる一冊があったりするものです。

もちろんその分相性というか、合う・合わないという問題も考慮しなければならないのですが、そこは寛容な精神で楽しんでいただけますと幸いです。 

内田 公太, 上川 大介 著 『自作エミュレータで学ぶx86アーキテクチャ コンピュータが動く仕組みを徹底理解!』(マイナビ)

萌え絵な表紙にマニアックに突っ込んだ内容、というと、もはや古典の風格も感じる渡波郁『CPUの創りかた』(マイナビ)から柏木餅子、風薬 『きつねさんでもわかるLLVM』(インプレスジャパン/達人出版会)まで、近年ではさほどめずらしくなくなってきたような気がしますが、本書もその伝統に則った一冊といえるでしょう。

『自作エミュレータ』というと、いきなりハードな内容が展開されそうでびびってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、むしろ本書の前半は初心者向けに、アセンブラとCの基本やCのポインタ周りについてていねいな説明をしています。ちょっとCは苦手で……とかアセンブラってよく知らなくて……という方こそ、ぜひ本書を読んで、高級じゃない言語についても学んでほしい気がします。

後半はx86アーキテクチャの説明とその実装になります。x86アーキテクチャといってもプロテクトモードについてはあまり踏み込まず、リアルモードでbootするまでを紹介しています。プロテクトモードについても知りたい、という方には、最近では蒲地輝尚『はじめて読む486』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)などの良書も入手できるようになっているので、興味ある方は合わせて読まれるとよいでしょう。



自作エミュレータで学ぶx86アーキテクチャ-コンピュータが動く仕組みを徹底理解!

著者 : 内田 公太, 上川 大介
出版社: マイナビ
発売日: 2015/8/28
出版社ページ https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=41347
 

清水亮・後藤大 著 『プログラミングバカ一代』(晶文社)

続いて紹介するのは、最近大量に本を出している清水亮さんの書籍です。

清水亮さんと言えばユビキタスエンターテインメントの代表の方ですが、なぜか7月あたりから、本書の他にも『文系でも知っておきたいプログラミングとプログラマーのこと』『人類総プログラマー化計画~誰でもプログラミングできる世界を目指して~』『最速の仕事術はプログラマーが知っている』と新刊を出されています。清水さんはそのブロガでもよく知られている方ですし、この連載でも取り上げないといけないかな……と思って一通り調べてみたのですが、今回の一連の書籍は基本的に非プログラマ向けの本ばかりなんですよね。正直本書もガチのプログラマ向けの本ではなく、プログラミング知らなくても読めるようになっています。それでも、内容面では清水さんとユビキタスエンターテインメントの自叙伝みたいな形にもなっているので、あえて紹介するなら本書かなあと思い、取り上げてみます。

この手の本は、例えばクックパッドなら上坂徹『600万人の女性に支持される 「クックパッド」というビジネス』(角川SSC新書)、ドワンゴなら佐々木俊尚『ニコニコ動画が未来をつくる』(アスキー新書)といったように、外部の方が書く(そして会社のことを持ち上げる)スタイルが多いような気がします。社長が書く場合だと南場智子『不格好経営』(日本経済新聞出版社)のように、まあ若干少なくとも自分については謙遜したスタイルになりそうです。しかし、清水さんの場合は当然ながら、あんまり謙遜せずに自分ごとであっても褒めるところは褒めて、けなすところはけなすスタイルになっているのが興味深いです。

業界読み物としても面白いですし、背後にある清水さんの考え方も面白い(真似したいかどうか・真似できるかどうかはさておき)ので、読まれてみてもいいんではないかと思います。



プログラミングバカ一代 就職しないで生きるには21

著者 : 清水亮・後藤大喜
出版社: 晶文社
発売日: 2015/7
出版社ページ http://www.shobunsha.co.jp/?p=3647
 

日本Androidの会Unity部 著 『UNIBOOK3』(達人出版会)

さて今月も手前味噌ながら、私の会社の達人出版会で刊行した書籍を紹介させてください。

Androidの会にUnity部がありまして、その方々がコミックマーケットで販売されている同人誌が「UNIBOOK」シリーズです。本書はその第3弾ということで、全部で19章、400ページのボリュームになっています。

内容としては『UNIBOOk』『UNIBOOK2』同様、Unityの入門的な情報はすっ飛ばして、トピック毎に初心者から上級者まで、使えるTipsを紹介しています。
個人的には3D弱者かつC#弱者なので、読んでて「うっ」と思うところも多かったのですが、第1章「エミッシブを通じてUnity5の「光の演出」の基本を理解する」では物理ベースシェーダーと「光」の扱いについて分かりやすく説明されていて面白かったです。それ以外にも、ユーザに嫌がられない広告について、背景と実装を紹介する第3章「Unityで開発したモバイルアプリでおこづかいを稼ぐ方法 〜モバイル広告の基礎知識から実装まで〜」や、ユニティちゃんのモデル改造の流れについてほぼ100ページ弱(!)で解説する第9章「ユニティちゃんモデルを着せかえよう」など、盛りだくさんの内容になっています。

Unityの本は山ほど出ているので、まとまった知識を得るには普通の書籍を読まれた方がよいかと思いますが、細かすぎて書籍にはなりにくいネタや、比較的新し目のネタなどはこういう書籍から得られるものもあるんじゃないかと思います。興味のある方はぜひどうぞ。

6UNIBOOK3
UNIBOOK3

著者 : 日本Androidの会Unity部
出版社: 達人出版会
発売日: 2015/8/27
サイト: http://tatsu-zine.com/books/unibook3
著者サイト: http://www.unity-bu.com/2015/07/unibook3-info.html

 

湊真一 編、 ERATO湊離散構造処理系プロジェクト 著 『超高速グラフ列挙アルゴリズム 〈フカシギの数え方〉が拓く,組合せ問題への新アプローチ』(森北出版)

今月も森北出版の本を紹介させてください。今回は森北っぽい(?)表紙です。

本書は「『フカシギの数え方』 おねえさんといっしょ! みんなで数えてみよう!」という動画で紹介された、「グラフ列挙問題」についての本です。

「10x10なんて計算するとおねえさん死んじゃう! やめて!」「それでもね。私はみんなに「組み合わせ爆発のすごさ」を教えたいの! 止めないで!」とか、ちょっと何言ってるか分からない急展開で一世を風靡した動画ですが、もうちょっと効率のよい数え方があるのでは? という方向けに、データ構造ZDD(zero-suppressed binary decision diagram: ゼロサプレス型二分決定グラフ)とそのアルゴリズムを紹介する本です。ZDDは全部の場合分けを素朴に二分木で表現したもの(binary decision tree: 場合分け二分木)から、あるルールを適用してシンプルなグラフに変換していった結果のグラフ(これは木では非巡回有向グラフになります)です。

本書では、ZDDやその解法についての理論的な紹介以外にも、スリリン(スリザーリンク)やナンリン(ナンバーリンク)のソルバーを作ったり、電力網解析や鉄道経路探索への応用などについても触れています。また、「おねえさん問題」の世界記録の算出方法についても紹介されていて、この本を読んでいればおねえさんも死なないで済んだのに……と思ったり思わなかったりするかもしれません。

あの動画に感銘を受けた方や、素朴で具体的な問題とアルゴリズムの関係について知りたい方にお勧めしたい一冊です。

 
超高速グラフ列挙アルゴリズム-〈フカシギの数え方〉が拓く,組合せ問題への新アプローチ-

著者 : 湊真一(編) ERATO湊離散構造処理系プロジェクト(著)
出版社: 森北出版
発売日: 2015/4
出版社ページ https://www.morikita.co.jp/books/book/2838

 

渋川よしき 著 『Mithril――最速クライアントサイドMVC』(オライリー・ジャパン)

最後のご紹介するのは、オライリー・ジャパンさんの本です。

オライリーの本はたいていチェックしてるけどこの本は知らない、という方もいるかもしれません。本書はリアル書店さんでもamazon.co.jpさんでも販売していない、電子版(PDFとEPUB)のみの本になります。

本書はMithrilという新しいクライアントサイドMVCフレームワークの入門書です。MVCを筆頭としたGUIアーキテクチャのパターンの説明から、Mithrilの概要や再描画のしくみの説明、SPAの作り方やpower-assertを使ったテストの書き方からサンプルアプリまで、様々な角度からMithrilを紹介しています。

また、本書の執筆については、著者の渋川さんによるブログエントリ、「世界最速でMithril本をリリースした話」(http://blog.shibu.jp/article/160479412.html)も合わせて読んでいただきたいところです。「周回遅れで英語でがんばってアウトプットするぐらいなら、世界初を日本語だけで発信していく方が価値が高いと思います。」という言葉は、渋川さんらしい力強い言葉で、読んだこちらもいろいろ頑張らないと、と思わせてくれます。もちろん本書の読みどころについても詳しく紹介されているので、こちらも参考になるでしょう。

5Mithril――最速クライアントサイドMVC
Mithril――最速クライアントサイドMVC

著者 : 渋川よしき
出版社: オライリー・ジャパン
出版社ページ http://www.oreilly.co.jp/books/9784873117447/
 

おわりに

そういえば8月はコミケでもいろいろ本を買ってみました。同人誌は扱いが難しい(著者さんによってはあまり広めてほしくない場合もあるかもしれない)ので悩ましいのですが、機会があれば触れてみたいですね。

それではまた来月お会いしましょう。

各種お問い合わせ

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン

最新の情報
[第17回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ ハードウェアに搭載されている電源管理・電力管理機能とLinuxの関係 ~ 2017年07月19日
[第16回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ CPUの仮想化支援機能 ~ 2017年07月05日
[第15回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ Hyper-Threading ~ 2017年06月21日
わかっておきたいセキュリティ: 第5回 VirusTotal at Home/Work「Malice」 2017年05月10日
わかっておきたいセキュリティ: 第4回 IRMA (Incident Response Malware Analysis) 2017年03月29日
わかっておきたいセキュリティ: 第3回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」との連携 その2 2017年02月22日
[第14回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その4 2017年02月08日
[第13回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その3 2017年02月01日
[第12回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その2 2017年01月25日
[第11回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その1 2017年01月18日
Python人材育成の支援を目的としたPythonエンジニア育成推進協会の活動とは? 2016年12月21日
わかっておきたいセキュリティ: 第2回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」との連携 2016年12月14日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第3回 オープンソースライセンスの使い方をわかっておきたい 2016年12月08日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第2回 色々なオープンソースライセンスをわかっておきたい 2016年11月30日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第1回 著作権とライセンスをわかっておきたい 2016年11月17日
わかっておきたいセキュリティ: 第1回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」 2016年11月02日
[第10回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーシステム導入前の検討~ RHELを知る ~ 2016年10月26日
[第9回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーシステム導入前の検討~ Ubuntu Serverを知る ~ 2016年10月19日
[第8回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』  Linuxサーバーシステム導入前の検討~ SUSEを知る ~ 2016年10月12日
[第7回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』~「初心者でもわかる、Linuxサーバーシステム活用者が知っておくべきポイント」(後編) 2016年08月09日
最新の情報 - もっと...