現在位置: ホーム / ゲストブログ / 【第1回】Linux Foundation通信〜今年も開催します LinuxCon Japan

【第1回】Linux Foundation通信〜今年も開催します LinuxCon Japan

Linux Foundationは、カーネル開発コミュニティをサポートし、大規模なコラボレーションを育み、Linuxの普及促進の活動を行っているNPOです。今回から、Linux Foundation通信(不定期)として、グローバルでのオープンソース動向や皆さんに役立つ情報をお届けします。

こんにちは、Linux Foundation のマーケティング活動を支援しております 赤井 といいます。

今回から、Linux Foundation通信(不定期)を執筆させていただきます、

昨年、Linux Foundation Japan代表 福安から、


という2本のブログを投稿いたしました。

みなさんにご興味を持っていただいたということもあり、編集部より、グローバルでのオープンソース動向や皆さんに役立つ情報を投稿して欲しいというご依頼をいただき、今回から、Linux Foundation通信として、不定期にはなりますが、投稿することになりました。


第1回は、まず、今年のLinux Foundationが主催するイベントに絞って、紹介したいと思います。

Linux Foundation (LF)では、毎年、世界各国で、LinuxCon Japanの開催を含めて、数多くイベントを主催しています。2015年には、85か国、約15,000人の開発者、メンテナー、システム管理者、ソートリーダー、経営陣のみなさんに参加いただけました。

LFとして、イベントを企画するときは、参加者の皆さんが、技術トレンドにいち早く触れ、また、さまざまな業界の人々や影響力ある開発者、メンテナー、およびシステム管理者が一堂に集まる機会を提供することで、新しいイノベーションを実現できる場を提供できるように考えています。

Linux Foundationは、カーネル開発コミュニティをサポートし、大規模なコラボレーションを育み、Linuxの普及促進の活動を行っているNPOですが、最近は、Node.jsやIoTなどの分野をリードしているプロジェクトを協業プロジェクトとして、支援を実施することが多くなっています(詳しくは次回以降に)。

これらの協業プロジェクトを進めていく中で、得られた経験や知識、トレンドを理解した上で、毎年、新しいカンファレンスなどを考えています。

そこで、2016年は、Linuxカーネルを中核にしたイベントを開催することはもちろんですが、ビッグデータ、クラウドネイティブアプリケーション、コンテナ、IoT、ネットワーク、セキュリティなど、オープンソースを活用するテクノロジートレンドを捉えて、それらにフォーカスしたさまざまなイベントを実施します。

イベント公式サイト:  http://events.linuxfoundation.jp/


これらのイベント中で、3つみなさんに紹介させてください。

 

恒例 LinuxCon Japan と日本初開催 ContainerCon Japan

公式サイト

LinuxCon Japan : http://events.linuxfoundation.org/events/linuxcon-japan 

ContainerCon Japan : http://events.linuxfoundation.org/events/containercon-japan

日程: 2016年7月13~15日

場所: 東京、椿山荘

まず、1つめは、やはり、東京で開催される恒例のLinuxCon Japanです。

LX Con Japan 2015

以前の福安によるブログでも紹介したLinuxCon Japanは、アジア地域における最大のLinuxカンファレンスです。Japanとは銘打っていますが、アジア各国から数多くの人が参加されています。

そして、今回、声に出して大きくお伝えたいことは、日本で初めて、現在の最注目テクノロジーの一つであるコンテナーにフォーカスしたContainerCon を開催することになったことです!

昨年、LF では、協業プロジェクトとして、コンテナーの形式およびランタイムの標準化を進めるOpen Container Initiativeを発表しました。OCIには、業界を代表する多くのコンテナー技術を持つ、あるいは、利用している企業や団体が参加しています。

このような動きの中、世界で初めて、日本でContainerCon を開催できることになったのです。まだ、基調講演や各セッションのスピーカーは確定していませんが、コンテナー開発者による最新情報が得られるものとなることに間違いありません! ご期待ください!

現在、LinuxCon/ ContainerConのスピーカーを「CFP (= Call for Participation) 」と呼ばれる一般公募で募集中です。締切が、2016年5月6日に近づいてきました。ぜひ、スピーカーとして、応募いただけるとうれしいです。

開催が近くなりましたら、イベントを支えていただくボランティアの方々も募集いたします。

SDNの最新情報 Open Networking Summit   


公式サイト: http://opennetsummit.org/conference/

日程:2016年3月14~17日

場所: カリフォルニア州サンタクララ、サンタクララコンベンションセンター

続いて紹介するのは、Open Networking Summit です。

ネットワーク分野は、長期にわたりプロプライエタリなハードウェアとソフトウェアのシステムで独占されていましたが、昨今はオープンソースを導入する動きが急速に高まっています。この傾向を踏まえて、Open Networking Summitでは、Software Defined Networking(SDN)/Network Functions Virtualization(NFV) 分野を中心にして、オープンソースネットワークシステムの開発、導入、管理、利用などを網羅した100以上のセッションがあります。

LF では、この分野の協業プロジェクトとして、OpenDaylight プロジェクトOPNFVプロジェクトなどがあります。これらのプロジェクトの進捗を含めて、SDNの最新情報を入手するには、またとないカンファレンスです。

今話題のIoTと言えばOpenIoT Summit

公式サイト:http://events.linuxfoundation.org/events/openiot-summit

日程: 2016 年 4 月 4~6 日

場所: カリフォルニア州サンディエゴ、マンチェスターグランドハイアット

最後に紹介したのは、IoT関連イベントとなるOpenIoT Summitです。

昨年後半、国内においても、IT業界を超えて話題になったテクノロジーといえば、IoT (Internet of Things) であるといってもいいかもしれません。

OpenIoT Summitは、急速に成長を続けるIoTエコシステムに関わるシステム設計者、ファームウェア開発者、ソフトウェア開発者、およびアプリケーション開発者たちが持つニーズに応えるために作られた技術イベントとして、今年から、開催されることになった、できてほやほやのカンファレンスです。

IoT分野は、今、もっとも動きが活発な領域です。そこでのテクノロジートレンドは、今後大きな影響を与えていくでしょう。

LF では、この分野の協業プロジェクトの1つとして、AllSeen Allianceがあります。IoTエコシステムでは、インターオペラビリティを含む標準化が重要な課題の一つなっています。AllSeen Allianceでは、メーカーや業界の垣根を越えて、家電やライトなどあらゆるデバイスやモノをネットで連携させようという統一規格を推進しています。AllSeen Allianceの最新情報を入手できるイベントです。

最後に


Linux FoundationのエグゼクティブディレクターであるJim Zemlinは、次のように述べています。

「Linux Foundationのイベントは、世界の頂点に位置する技術者たちが出会い、協業し、現代最大の共有技術を進化させる場所です。また、オープンソース開発者や IT マネージャーは、このような直接出会えるチャンスを利用してプロジェクトを開始したり、アイデアを発展させたりするため、技術トレンドがいち早くわかる場所でもあります。」

今回、LinuxCon Japan / ContainerCon Japanをはじめとして、取り上げた3つのイベントは、今、もっともホットで、動きのある領域だと考えています。

ぜひ、この機会に、国内/海外のLinux Foundationのイベントにご参加ください。

LF-Linus

次回は、今注目の協業プロジェクトをご紹介したいと思います。ご期待ください。

各種お問い合わせ

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン

最新の情報
[第17回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ ハードウェアに搭載されている電源管理・電力管理機能とLinuxの関係 ~ 2017年07月19日
[第16回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ CPUの仮想化支援機能 ~ 2017年07月05日
[第15回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーのためのハードウェア設定 ~ Hyper-Threading ~ 2017年06月21日
わかっておきたいセキュリティ: 第5回 VirusTotal at Home/Work「Malice」 2017年05月10日
わかっておきたいセキュリティ: 第4回 IRMA (Incident Response Malware Analysis) 2017年03月29日
わかっておきたいセキュリティ: 第3回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」との連携 その2 2017年02月22日
[第14回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その4 2017年02月08日
[第13回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その3 2017年02月01日
[第12回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その2 2017年01月25日
[第11回] Linux/OSS エバンジェリスト古賀政純の『オープンソース・Linux超入門』 システム要件において検討すべき点 その1 2017年01月18日
Python人材育成の支援を目的としたPythonエンジニア育成推進協会の活動とは? 2016年12月21日
わかっておきたいセキュリティ: 第2回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」との連携 2016年12月14日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第3回 オープンソースライセンスの使い方をわかっておきたい 2016年12月08日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第2回 色々なオープンソースライセンスをわかっておきたい 2016年11月30日
可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』: 第1回 著作権とライセンスをわかっておきたい 2016年11月17日
わかっておきたいセキュリティ: 第1回 マルウェア解析サンドボックス「Cuckoo」 2016年11月02日
[第10回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーシステム導入前の検討~ RHELを知る ~ 2016年10月26日
[第9回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』 Linuxサーバーシステム導入前の検討~ Ubuntu Serverを知る ~ 2016年10月19日
[第8回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』  Linuxサーバーシステム導入前の検討~ SUSEを知る ~ 2016年10月12日
[第7回] Linux/OSS エヴァンジェリスト古賀政純の 『オープンソース・Linux超入門』~「初心者でもわかる、Linuxサーバーシステム活用者が知っておくべきポイント」(後編) 2016年08月09日
最新の情報 - もっと...