現在位置: ホーム / みみより情報 / SUSE OPEN Forum 2014

SUSE OPEN Forum 2014

2014年12月16日(火) に SUSE OPEN Forum 2014 が開催されます。 最新のLinux,OpenStackの同行が分かるテクニカルイベントとして、今年はクラウドに最も近いカンファレンス会場である虎ノ門ヒルズ 52F 屋上 アンダーズ東京 ルーフトップスタジオで開催されます。

虎ノ門に登場した新たなランドマークタワーで晴れた日には東京タワーを始めとする雄大な東京の眺めをテラスからお楽しみいただきつつ、LinuxとOpenStackの最新情報が聞けるというイベントになっています。

SUSE Ch.にてノベル株式会社代表取締役社長 河合哲也氏にSUSE Open Forum 2014 開催の背景と見所を語っていただきました。こちらの記事も合わせてご参照ください。

SUSE Ch. 「見どころ満載 SUSE OpenForum Japan 2014 」
http://oss.sios.com/suse-ch/suseopeenforum

SUSE OPEN Forum 2014 開催概要/申込サイト
https://www.suse.com/ja-jp/events/suse-open-forum/2014/

 

SUSE Open Forum Japan 2014 開催概要

【日 時】
2014年12月16日(火) 13:30~17:40(開場:13:00)

【会 場】
アンダーズ東京 ルーフトップスタジオ(虎ノ門ヒルズ 52F 屋上)
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-23-4
会場地図はこちら

【参加費】無料(事前登録制)
【定 員】150名
【主 催】ノベル株式会社

【対象】
OSS導入に関わる情報システム部門の方、OSS関連の販売に関わるパートナー様

アジェンダ

SUSE Open Forum Agenda

時間内容
13:30-13:40 ごあいさつ

講演者:
ノベル株式会社 代表取締役社長
河合 哲也
13:40-14:10 【基調講演】
ダウンタイム・ゼロへの挑戦 ~ HA(高可用性)を再定義するSUSE
(同時通訳あり)

講演者:
SUSE社 President & General Manager
Nils Brauckmann
14:10-14:40 SUSE のOpenStackへの取組みとパートナーシップ (同時通訳あり)

講演者:
SUSE社 Vice President of Global Alliances & Marketing
Michael Miller
14:40-15:25 5年ぶりのメジャーリリース「SUSE Linux Enterprise Server 12 (SLES12) 」に込められた設計思想とは? (同時通訳あり)

講演者:
SUSE社 Chief Technologist, Asia Pacific
Peter Lees

講演概要はこちら
15:25-15:40 休憩
(天気が良ければ虎ノ門ヒルズ屋上テラスから東京タワー等の絶景をご堪能ください。)
15:40-16:10 【パートナー様特別講演】
System z と Linuxの融合がもたらすイノベーション


講演者:
日本IBM株式会社 システム製品事業本部 エバンジェリスト
北沢 強 様

講演概要はこちら
16:10-16:40 SAP向けに最適化された「SLES for SAP」は一般のLinuxと何がどう違うのか?

講演者:
ノベル株式会社 SUSE事業部 テクニカルセールスマネージャー
羽田 勝治

講演概要はこちら
16:40-17:10 OpenStackでのダウンタイム・ゼロへの挑戦 ~ OpenStackのHAを再定義する

講演者:
ノベル株式会社 SUSE事業部 エバンジェリスト
村川 了

講演概要はこちら
17:10-17:40 【特別講演】
OpenStack Summit 2014 Paris 報告 「ベアメタルクラウドの現状とNTTドコモ様の検証報告」


講演者:
日本仮想化技術株式会社 エンタープライズクラウド事業部
玉置 伸行 様

講演概要はこちら

*セッションの内容・時間割・講演者等は予告なく変更になる場合があります。
*競合他社様からのお申し込みはご遠慮願います。
*お申込者多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。予めご了承ください。

タグ: