現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight Vol.5- 2014/11/10-11/16

OSS Now! AKAI's Insight Vol.5- 2014/11/10-11/16

11月3週目の気になる3つのトピックです。 先週のOSS関係でのビッグニュースといえば、マイクロソフト社の.NETなどのオープンソース化でした。

OSS NOW! TV

Microsoft、.NETをMac、Linuxに移植、サーバーサイドをオープンソース化すると発表 (11/12)


マイクロソフトは、今までWindows向け開発プラットフォームとして、.NETフレームワークを推進してきました。これをさらに、Mac, Linuxに移植し、来年には、サーバーサイドをオープンソース化すると発表しました。マイクロソフトによるオープンソースへの取り組みは、年を追うというレベルでなく、月を追って強化されています。今回の発表は、開発プラットフォームというエンジニアが欠かすことができない領域への取り組みとして注目できます。また、オープンソースにおいて、当初から導入が早かった領域に開発プラットフォームがあります。ウェブベースのシステムが中核になるにつれて、特に、オープンソースベースの開発プラットフォームが世界中で浸透し、今や、ウェブベースの開発といえば、OSがWindowsであろうと、Linuxであろうと、PHPやRubyなどのオープンソース環境が主流となってしまっています。また、クラウド化が進むにつれて、エンジニアへの「自社」のクラウド技術への取り組みに各社ともに力を入れています。このような背景から、.NETフレームワークをオープンソース化することで、エンジニアのエコシステム作りを支援していくのは、理にかなあったことだと思います。今回のは、まだアナウンスだけですので、具体的な活動が始まると、さらに興味深い内容が出てくるかと思います。

参考URL: http://jp.techcrunch.com/2014/11/13/microsoft-takes-net-open-source-and-cross-platform/ 

国内PaaS(Platform as a Service)市場分析結果を発表 

大手調査会社 IDC Japanは、国内PasS市場分析を発表しました。

  •  2013年の国内PaaS市場規模は254億円、前年比成長率 42.4%と拡大を継続
  • セールスフォース・ドットコムがトップシェアを獲得。2位以降はアマゾン、マイクロソフト、グーグルが続く
  • PaaS市場はクラウドベンダーの注力分野になっており、パートナーエコシステムやユーザーグループの活性化が差別化要素となる

IDCの分類では、PaaS市場を、「DBaaS(Database as a Service)」、「APaaS(Application Platform as a Service)」、「BPMaaS(Business Process Management as a Service)」、「IPaaS(Integration Platform as a Service)」の4つの市場セグメントに分け、分析を行っています。その中でも、DBaaS, APaaSの市場規模、成長が期待されています。プレスリリースにあるように、クラウドベンダーは、パートナーエコシステムや、ユーザーグループの活性化が差別化になるとしています。このことは、上述のマイクロソフトによる.NETフレームワークのオープンソース化にもつながってくると理解しています。今後は、新しいアーキテチャーでありクラウドに対して、エンジニアのコミュニティをどのように醸成していくかがポイントとなります。これらのコミュニティは、オープンソースを開発するコミュニティとは少し色合いの違う、PaaSを利用した開発コミュニティであったり、ユーザー会などの活動になってくるでしょう。各ベンダーにより、コミュニティ運営がポイントとなりそうです。

参考URL: http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20141110Apr.html

Red HatがLinuxコンテナプラットホーム、DockerとGoogle Kubernetesをサポート

Red Hatは、Red Hat Enterprise Linux Atomic Hostと呼ばれるLinuxコンテナプラットホームをベータでリリースしました。簡単にいえば、Dockerに最適化されたRHELベースの小さいフットプリントであるAtomic Hostをリリースしたということになります。管理ツールとして、Googleがオープンソースプロジェクトとして提供するKubernetes もサポートします。今、企業向けオープンソースでは、OpenStackと並んで、最もホットなキーワードが、Dockerでしょう。そのDockerに対しての発表が、続いています。例えば、小さなフットプリントのOSとして、CoreOSがあります。CoreOSのエグゼクティブが先週来日して、Linux Foundation主催イベントで登壇するなど、注目は、Docker周辺にも広がっています。今後とも、Docker周りについては、目が離せません。

参考URL : http://jp.techcrunch.com/2014/11/12/20141111red-hat-launches-linux-container-beta-with-docker-and-kubernetes-support/