現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight Vol.8 - 2014/12/08-14

OSS Now! AKAI's Insight Vol.8 - 2014/12/08-14

そろそろ、米国はクリスマス休暇、日本は年末年始の長期休暇にはいるために、ニュースが少なくなってきています。そんな中から、今週は、Cloud Foundry Foundation, クラウドインフラソフトウェアの話を紹介。

OSS NOW! TV

オープンソースのPaaSを推進するCloud Foundry Foundationが発足

オープンソースによるPaaS基盤ソフトウェアCloud Foundaryは、当初VMwareによりスタートし、その後、関連会社のPivotal に移管。さらに、オープン化を推進すべく、今回、Cound Foundry Foundationが設立されました。

プラチナメンバーは、EMC、HP、IBM、Pivotal、SAP、VMware、Intelです。OpenStack Foundationと似た動きではありますが、こちらは、運営の協力として、Linux Foundationが支援することになります。Linux Foundationは、Linux推進を行う団体として、老舗であり各種のLinux以外の各種のオープンソースプロジェクト団体を支援していることでも、有名です。一方、オープンソースのPaaS基盤といえば、Red Hat のOpenShiftも存在します。この2年ほどで、クラウドのIaaS基盤として、OpenStackに大きな注目が集まりました。今後は、PaaS領域にも注目が集まってくると思います。

参考URL: http://www.cloudfoundry.org/cloud-foundry-foundation-launch.html

IDC Japan,国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表

IDC Japanは、 国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場は2013年に100億円を突破、2014年は前年比成長率39.9%で140億円との予測を発表しました。シェア1位は、ヴイエムウェアです。注目度という意味では、OpenStackが一番ですが、まだまだビジネスとしては立ち上がっているという状況とは言えません。今後も、年平均34%成長し、2018年には434億円の市場規模になると予測しています。ソフトウェア市場規模のおよそく5倍程度が関連するサービス規模になるのが、筆者の経験値です。そうすると、かなり大きな規模でクラウド市場が立ち上がってくると考えられます。

参考URL: http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20141212Apr.html

ZDNet掲載の注目のオープンソースプロジェクト3選

OpenStack、Docker、OpenDaylightを注目のオープンソースプロジェクト3選と取り上げています。前者2つは2014年最も注目浴びたOSSプロジェクトの一つといっても過言ではないでしょう。OpenDaylightは、今後注目が集まっていくかもしれません。筆者として、2015年にエンタープライズ向けOSSとして、追加で、注目するとすれば、上記のPaaSソフトウェア Cloud Foundry かなと思っています。

また、商用ソフトウェアでも、オープンソースでも同じですが、注目を浴びてから、1-2年ほどすると実際の導入が増え、関連ビジネスが立ち上がってきます。注目と実際の導入、活用については、冷静に見ながら判断することが大切です。

参考URL : http://japan.zdnet.com/article/35057601/