現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight Vol.28 - 2015/12/10

OSS Now! AKAI's Insight Vol.28 - 2015/12/10

PHP が最新版である7.0.0をリリースしたこと、アップルがプログラミング言語「Swift」をオープンソース化したこと、マイクロソフトが、Linux Foundationの支援を得て、Azure上の Linux資格認定を開始したことを取り上げました。アップル、マイクロソフトというと、10年くらい前まではオープンソースからもっとも遠い企業の一つと考えられていましたから、時代の変化を感じますね。

OSS NOW! TVPHP 7.0.0 リリース ー PHP 5.6 より2倍高速

2015年12月3日、PHP開発チームは、PHP 7.0.0 をリリースしました。

  • 性能の向上
  • メモリー使用量の大幅削減
    • Abstract Syntax Tree サポート
    • 64ビットサポート など多くの機能向上がはかられています。

 PHPは、ウェブサイトの構築で世界中で利用者の多いコンピュータ言語です。一方で、広く普及しているために、すでにサポートされなくなったPHPが利用されていることもよくあります。これらは、脆弱性を利用されて、システムへの侵入を図られる原因につながることもありますので、注意してください。

参考URL

Appleがプログラミング言語 Swift をオープンソース化

12月3日、Appleは、プログラミング言語Swiftをオープンソース化しました。2014年にWWDCで発表されたSwiftは、Appleによれば、「OS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリケーションを開発するためにAppleが作った、強固で直感的なプログラミング言語」であるとします。今回、Swiftは、Apache 2.0オープンソースライセンスの元で公開されました。

西尾泰和さんが「でかい企業のOSSがApache License 2.0だと嬉しい理由」として、Apache License2.0の特許条項をブログで書かれています。また、それを受け手、可知豊さんが、Apache License2.0の特許条項を図解で解説しています。

でかい企業がOSSをApache License2.0で提供している場合、そのデカい企業は、「あなた」であるか貢献者(各コントリビュータ)であるということなので、そのデカい企業から、”使っていたら後から「特許料払え!」と言われるという悲劇が起こらない”(by 西尾泰和)、』(可知さんのブログから)

元々、開発者コミュニティでは、フリーソフト/オープンソースの開発言語、開発環境が浸透してきた経緯があります。今回の動きで、Swiftの普及がさらに進むのでしょうか? Apple単独では、いままでオープンソースコミュニティを運営してきた記憶がありませんので、興味深いところです。

参考: アップル、プログラミング言語「Swift」をオープンソース化(Cnet)

          Swiftコミュニティサイト: http://swift.org

マイクロソフトが、Linux Foundationの支援を得て、Azure上の Linux資格認定を開始

マイクロソフトは、マイクロソフト認定ソリューションアソシエイトの一つして「MCSA Linux on Azure」の認定を開始しました。

これは、Linux Foundationの支援を受けているそうです。それに応じて、Linux Foundationの公式サイトにExecutive Director ジム・ゼンリン氏が、ブログを公開しています。

最近、マイクロソフトは、Linux Founationが進める協業プロジェクトNode.js や Core Infrastructure Initiative などに正式に参加していました。それらの動きを見ると、Linux Foundationとのコラボレーションに対して、経験が積まれていく過程の一つと考えることができるでしょう。MCSA Linux on Azure を取得するために必要になるのは、 Linux Foundation Certified System Administrator です。こちらの資格試験は、まだ日本語にはなっていませんが、オンラインで受講可能です。

(Linux Foundationは、先月、協業プロジェクトを含む最近の取り組みを横浜で開催したイベントで紹介していますので、参考にしてください)

参考: Linux Foundation Certified System Administrator (LFCS)

         マイクロソフト、「MCSA Linux on Azure」資格認定を開始 (ZDNet)