現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight Vol.29 - 2015/12/18

OSS Now! AKAI's Insight Vol.29 - 2015/12/18

今週は、2016年に話題を集める、あるいは注目すべきトピックを取り上げました。一つは、人工知能、もう一つは、ブロックチェーンです。日本においても、NRI,さくらインターネット、住信SBIネット銀行などの取り組みが発表されました。

OSS NOW! TV


Linux Foundationがブロックチェーン技術を推進するプロジェクトを発表

The Linux Foundationは12月17日、ブロックチェーン技術の進化をめざす新しい共同開発プロジェクトを発表しました。

ブロックチェーンは、昨今盛り上がりを見せるフィンテック分野におけるキーテクノロジーの1つです。
新プロジェクトでは、商取引を支える堅牢なプラットフォーム構築するために、フレームワーク、人材の育成を図ります。参画企業は、 Accenture、ANZ Bank、Cisco、CLS、Credits、Deutsche Börse、Digital Asset Holdings、DTCC、富士通、IC3、IBM、Intel、J.P.Morgan、ロンドン証券取引所グループ、三菱UFJフィナンシャル グループ(MUFG)、R3、State Street、SWIFT、VMware、Wells Fargoです。テクノロジー企業だけでなく、名だたる金融業界の企業も参画しているのが特徴です。

日本においても、野村総合研究所(NRI)とさくらインターネットは、それぞれブロックチェーン技術の実証に向けた取り組みを明らかにしました。2016年、最注目のテクノロジーの1つであるとブロックチェーンについては、 こちらの記事を参照してください。

参考: blockchain 技術の進化をめざし Linux Foundation が業界リーダーを結集

参考: 住信SBIネット銀行、ブロックチェーン技術の利活用に向けた実証実験を実施

参考: 「さくらのクラウド」でブロックチェーンの実験環境が無償提供

テスラCEOなど著名人が支援する人工知能のNPO  OpenAI 設立

テスラCEO イーロン・マスク氏やY Combinator サム・アルトマン氏が支援する非営利のAI(人工知能)研究企業OpenAIの設立を発表しました。

今年は、AIや機械学習、ディープラーニングなどの人工知能関連のトピックが、テクノロジー業界だけでなく、一般メディアや一般向け書籍など大きな話題を集めました。


OpenAIでは、話題を集めるAI分野での研究を行う組織となり、その成果はオープンソースとして公開されるそうです。

OpenAI サイト :https://openai.com/blog/introducing-openai/

フェイスブックが、ディープラーニング向けハードウェア設計をOCPでオープンソース公開を発表

フェイスブックは、開発・活用中のディープラーニング解析用のハードウェア「Big Sur」の設計をオープンソース化すると発表しました。NVIDA社のTesla M40 GPUを搭載したプラットフォームです。設計情報は、彼らが参画しているOpen Compute Project (OCP)の中で公開される予定です。
こちらも、AI・ディープラーニング関係のトピックとなります。

参考: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/11/news080.html