現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight Vol.43 - 2016/05/27

OSS Now! AKAI's Insight Vol.43 - 2016/05/27

今週は、盛り上がるDevOpsに注目して、Jenkisプロジェクトとマイクロソフトとの提携、GitHubの日本法人の事業状況、そして、HPEの事業部門の分離についてニュースを取り上げました。

Jenkinsとマイクロソフトがパートナーシップを発表

Jenkisを開発するJenkinsプロジェクトとマイクロソフトはパートナーシップを結んだと発表しました。

Jenkinsは、Javaで書かれたオープンソースの継続的インテグレーションツールです。画像は、Jenkinsのロゴです。

 "継続的インテグレーションCI: continuous integration)とは、主にプログラマーアプリケーション作成時の品質改善や納期の短縮のための習慣のことである。エクストリーム・プログラミング (XP) のプラクティスの一つで、狭義にはビルドテストインスペクションなどを継続的に実行していくことを意味する[1]" (Wikipedia)

CIで最も人気のがあるツールが、Jenkinsです。

昨今、DevOpsという言葉が、よく話題になっています。DevOpsが議論される中で、ツールとして話題に上がることが多いのが、CIです。そして、その流れでJenkins が取り上げられます。有力なオープンソースコミュニティプロジェクトをMirosoft Azure上でホスティングされるこことになりますので、マイクロソフトからみれば、オープンソースとの親和性、オープン性をアピールできるのではないでしょうか。

参考: Jenkinsとマイクロソフトがパートナーシップを発表。Jenkinsの開発インフラとWebサイトがMicrosoft Azureに (Publickey)

GitHubの国内顧客企業数はこの1年で70%増加

ギットハブ・ジャパンが5月19日、新カントリーマネージャー 藤田純氏 の就任に伴う記者発表会を開催し、同社のビジネス概況や今後の戦略、方向性について、説明を行いました。

日本法人を設立して、1年を経過する同社のホスティングサービス GitHub.comとオンプレミス導入可能なGitHub Enterprise を利用するユーザーは、1400万以上を超え、ホストするリポジトリ数は3500万以上だそうです。

昨年6月の日本法人設立以降、国内のGitHub Enterpriseの顧客組織数は70%増加、GitHub.comのユーザー数は50%伸びたそうです。

Jenkinsのニュースでも取り上げましたが、DevOpsが話題に上がるときに、ツールが取り上げれます。このGitHubも取り上げられることが多いツールです。(もちろん、DevOps のためだけにGitHubがあるのではなく、いろいろなプロジェクトを運用するために利用されています)。

参考: GitHubの国内展開が加速「顧客企業数はこの1年で70%増加」(ASCII.jp)

HPEがエンタープライズサービス事業を分離して、CSCと合併

Hewlett Packard Enterprise(HPE)が、エンタープライズサービス部門を分離し、米国のITサービス大手であるComputer Sciences Corporation(CSC)と合併させると発表しました。

元々、エンタープライズサービス部門は、2008年8月に買収したElectronic Data Systems(EDS)を中核にした組織です( 日本法人は、サービス部門が大きかったため、日本HPが中核となっています)。

プレスリリースを読んだ限りでは、すべてのHPEのサービス部門がCSCに統合されるのではなく、コンサルティング部門、ハードウェアやソフトウェアのサービス部門、通信サービス事業者向けのコンサルティング&インテグレーション部門は、引き続き、HPEに残るようです。

先日、デルが自社のプロフェッショナルサービス部門をNTT データに売却しました。この部門の前身は、ペロー・システムです。実は、EDSもペロー・システムも創業者は、ロス・ペロー氏です。

ロス・ペロー氏が、日本で有名なのは、1992年の大統領選(クリントンが当選した選挙)に出馬して、一時トップの人気になったことでしょう。

2000年以降活発化した垂直統合型の買収戦略は、この他にもシマンテックの分野や、IBMによるx86サーバー部門の売却など、自分たちの強みがはっきりとでるように、企業の事業モデルを整理する段階のようです。

参考:米HPEのサービス部門が分離して同業の米CSCと合併、新会社の売上高は260億ドル (ITPro)