現在位置: ホーム / OSS Now! / OSS Now! AKAI's Insight - 2016/11/16

OSS Now! AKAI's Insight - 2016/11/16

マイクロソフトがプラチナメンバーとしてThe Linux Foundationへ加盟するなど、さらにオープンソース、Linuxへの取り組みを強化していること、米国政府が業務システムをオープンソース化する方針を発表したこと、SUSEがARMサーバー用Linuxディストリビューションを発表したことを紹介しています。

マイクロソフトがプラチナメンバーとしてThe Linux Foundationへ加盟

マイクロソフトは2016年11月16日、開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Connect(); // 2016」で、プラチナメンバーとして「The Linux Foundation」への加入を発表しました。

LinuxFundaitonMember

図:現在のプラチナパートナー(Linux Foundationサイトより)

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは次のように述べています。

「Microsoft はオープンソーステクノロジの活用と貢献に力を入れてきた実績があります。同社はLinuxとオープンソースの熱心なサポーターであり、多くの重要なプロジェクトにおける非常に積極的なメンバーです。同社のLinux Foundationプラチナメンバーシップは、Microsoftにとって重要な一歩であると同時に、同社の貢献の幅が広がることで恩恵を受けるオープンソースコミュニティ全体にとっても重要な一歩です。」

Microsoftはすでに、Node.js Foundation、OpenDaylight、Open Container Initiative、R Consortium、Open API Initiative、など複数のLinux Foundationプロジェクトに貢献しています。

ということもあり、すでにオープンソースプロジェクトへのコミットメントを強めていたことがありますので、一つの流れと見ることができるでしょう。ただ、オープンソースを追いかけていた私から見ると、『ハロウィーン文書』の一連の動きから本当にここまで進んだのだという感慨があります。

今回、connect();では、SQL Server のLinux版がパブリックベータになるなどの発表も行われていますので、興味のある方はぜひニュースをご覧ください。

参考:マイクロソフトが「Linux Foundation」のプラチナメンバーに Linux/クロスプラットフォーム対応製品の開発を加速 (@IT)

米国政府が業務システムのOSS化をさらに進める

次期政権への引き継ぎ期間に入ったオバマ政権ですが、連邦政府の諸機関が開発した業務システムをOSS(オープンソースソフトウエア)として公開する方針を明らかにしました。

以前、OSS Now!において、業務ソフトをOSS化する方針「Federal Source Code Policy」が発表され、パブリックコメントが募集されていることを紹介しました。

「今後、連邦政府機関が業務システムを新たに開発する際は、まず他機関が公開したOSSをチェックし、使えるものは再利用する。他に存在しないソフトだけを新規に開発し、それもOSSとして公開する」(ITPro) とのことです。

国民や企業などから集めた税金でこれらのシステムが作られるのですから、それを国民の資産として共有化すべきであるという考えは、まさに民主主義的な動きだと思います。他国政府はライセンス形態によってこれらのOSSを利用できるはずです(オープンソースライセンスでは、どこの国で利用するかを制限してはいけません。詳しくは、ゲストブログ「可知豊の『 わかっておきたい、オープンソースライセンス』」を参照してください。

参考: 業務システムのOSS化に舵を切る米政府、年間60億ドルの支出にメス (ITPro)

ノベルが、サーバー向けARMプロセッサに最適化した商用Linux「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」をリリース

SUSEがARMのサーバー向けに初の商用エンタープライズLinux「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」を発表しました。

以前から、SUSEは商用ディストリビューションとして、先進的な製品をいち早くリリースしています。例えば、64ビット対応などです。今回は、今後データセンターでの利用の広がりが検討されているARMに対応したディストリビューションです。

まだまだ、Intel CPU対応したLinuxディストリビューションがデータセンターでの利用では主流です。スマホを中心としたARMの広がりから、これらがサーバー領域へと拡大するかもしれませんし、しないかもしれません。ARM対応のOS以外にも、データベースやアプリケーションサーバーなどさまざまなエコシステムがARMに対応していく必要があります。データセンターの運用に適したエコシステムがいかにして構築できるのか? また、実際にARMベースのサーバーが、Intel CPUベースのサーバーに比べて優位を作れるのか? あるいは、今後インテルが力をいれる FPGAを搭載したXeonとの差別化ができるかなど興味がつきません。

参考: ノベル、サーバー向けARMプロセッサに最適化した商用Linux「SUSE Linux Enterprise Server for ARM」 (PC Watch)