現在位置: ホーム / Red Hat Ch.

Red Hat Channel

redhat logo膨大なデータの蓄積とその活用を容易にするビッグデータソリューション、パブリッククラウドとプライベートクラウドを適材適所で融合するオープンハイブリッドクラウド、そして、データセンターのコストを抑えビジネスの成長に貢献するIT基盤の構築。イノベーションの中核にあるOSSだからこそ、レッドハットのソリューションはビジネスに貢献するITモダナイゼーションを実現します。

 

パフォーマンスチューニングを自動化するtuned

Red Hat Enterprise Linuxの6.0から、パフォーマンスチューニングに必要な設定をまとめておこなう tuned が同梱されています。今回はこのtunedをご紹介します。

パフォーマンスチューニングを自動化するtuned - もっと読む

継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription

エンジニアの技術力の向上には継続的な学習が必要です。Red Hat公式トレーニングの全コースをいつでも学習できるRed Hat Learning Subscriptionをご紹介します。

継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription - もっと読む

Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました

Red Hat Enterprise Linux 7.4のPublic betaが出荷されました。Public betaを試すときに気になるポイントをまとめました。

Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました - もっと読む

Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介

OSSの構成自動化ツールとして人気の Ansible トレーニングコースの提供が開始されました。 5月29日~6月1日のコースは満席間近ですが、新たに7月、8月度の開催日が公開されましたので合わせてご紹介します。

Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 - もっと読む

RHELで新しいgitやPython3を使うには?

現在のRed Hat Enterprise Linux 7ではgitのバージョンは1.8.3です。「もっと新しいバージョンのgitが使いたい!」という方も多いかと思います。このような場合に利用できる Red Hat Software Collectionsをご紹介します。

RHELで新しいgitやPython3を使うには? - もっと読む

AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利

Ansibleでの管理は便利ですが、Red Hat Identity Managementを利用しているとAnsibleを利用しはじめる時のセットアップ作業がさらに便利になります。

AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 - もっと読む

VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説

2016年11月3日にリリースされたRHEL 7.3ではアップデートに関連した比較的大きな問題がありました。本記事では問題の概要と背景をご紹介します。

VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 - もっと読む

RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了

2017年3月31日にRHEL4の延長サポートとRHEL5の通常サポートが終了します。 そのまま利用しつづけると大きなリスクをかかえることになるので対策をおこないましょう。

RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 - もっと読む

Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持

Red Hat Enterprise Linuxでは、アプリケーションソフトウェアの互換性について明確なポリシーを定義し、それに従ってアップデートを提供することでお客様がアップデートを適用しやすくなるよう取り組んでいます。

Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 - もっと読む

Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい

Red Hat Network Classicのサービス提供が2017年7月31日に終了します。この日より後には、RHN Classicはアップデート配信ができなくなります。もしRHN Classicを利用してシステムを登録している場合はこの日までに移行をおねがいいたします。

Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい - もっと読む

ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう

Red Hat Enteprise Linux 6から、ABRT(Automatic Bug Reporting Tool)が同梱されています。RHELを運用していて、ABRTからのレポートメール「[abrt] full crash report」を受信したことがある方もいるかと思います。今回はRHEL7でのABRTについて見てみましょう。

ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう - もっと読む

Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか?

Red Hat Enterprise Linux 6のライフサイクルがあと5年を切りました。これから5年間の稼働が必要なシステムはRHEL7を利用する必要がでてきます。RHEL7をご利用になるお客様も増えてきました。本稿ではこれからRed Hat Enterprise Linux 7を使いはじめようという人におすすめのリソースをおしらせします。

Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? - もっと読む

Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう

今回は開発者むけプログラムの拡充により、無償で開発目的のサブスクリプションが入手できるようになったのでご紹介します。

Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう - もっと読む

Relax and Recoverでのシステム回復

RHEL 7.2から同梱されるようになったRelax and Recoverにより、システム回復時のパーティションや、LVM構成、ファイルシステム構成の回復が簡単になります。

Relax and Recoverでのシステム回復 - もっと読む

Red Hat Insightsとは

既存のRed Hat Enterprise Linux環境について、「特に問題がでていないので」塩漬けにしてしまっているケースが多くあるかと思います。このような環境でも既知の脆弱性や問題が含まれていることがあります。 Red Hat Insightsは既知の脆弱性や問題を自動的に検出し、実際に障害が発生する前に対策することを目的としたサービスです。

Red Hat Insightsとは - もっと読む

Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点

Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動かすことが多くなっています。認定済みの環境一覧や認定外の環境での注意点、サブスクリプション管理用のvirt-whoデーモンについてご紹介します。

Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 - もっと読む

RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話

Red Hat Enterprise Linux 7では、linuxのcapabilityを利用してsetuidの利用を少なくしています。capabilityについてあまり馴染みがない方も多いかと思います。トラブルシュート形式で、capabilityの利用時の特徴的なふるまいを見てみましょう。

RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 - もっと読む

Red Hat Satellite使いはじめガイド

Red Hat SatelliteはRed Hatの提供するRHEL運用管理ソフトウェアです。非常に多くの機能があり、ソフトウェアとしても規模が大きなものになっています。今回の記事ではRed Hat Satelliteをこれから利用しようと検討している方むけに Red Hat Satelliteを利用しはじめるにあたっての注意点や関連サービスをご紹介します。

Red Hat Satellite使いはじめガイド - もっと読む

ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう

Red Hat Enterprise Linuxはメジャーリリースについては通常7年または10年間、アップデートリリースに対しては最新版のみに対して修正を出荷しています。今回はこのポリシーを拡張する製品、ELSおよびEUSについて見てみましょう。

ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう - もっと読む

Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう

Red Hat Enterprise Linux 7(そして6.7)にはパフォーマンス監視や記録のために、従来のsysstatなどに加えてPerformance Co-Pilot(PCP)が含まれました。PCPは特に複数台からなる大規模なシステムのパフォーマンス監視に便利な特長を多くもっています。今回はPCPをご紹介します。

Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう - もっと読む

Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成

Docker上で動作するコンテナイメージは『docker-buildコマンド』と、『Dockerfile』を作成することで、カスタマイズして作成することができます。 今回は、この2つを使って簡単なコンテナイメージを作成してみようと思います。

Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成 - もっと読む

RHELセキュリティ情報の入手と対応

レッドハットではソフトウェアの修正をerrataというデータベースで公開しています。errataで公開されている修正を適用して既知の問題を避けることはRHELを利用したシステム管理の基本です。この記事ではRHELのセキュリティ情報の入手と対応方法についてご紹介します。

RHELセキュリティ情報の入手と対応 - もっと読む

systemd-journaldを活用しよう

Red Hat Enterprise Linux 7 ではsystemd-journald(以下journald)が導入されています。journaldは従来からあるsyslogと比較すると、細かな時間を表現できたり、ログの中に従来は失われていた優先度などの情報を保持できる、インデックスによる高速な検索、ログのローテートをjournald自身で行うなどの様々な特長を持っています。

systemd-journaldを活用しよう - もっと読む

Red Hatテクニカルサポートのつかいかた

Red Hatの製品には問いあわせ回数無制限(!!)のサポートが含まれています。しかし実際には「RHELは利用しているけどサポートにといあわせたことはないよ」という方も多くいるかと思います。今回はレッドハットのサポート利用方法についてご紹介していきます。

Red Hatテクニカルサポートのつかいかた - もっと読む

Red Hat Directory Server 10.0リリース!

今回は2015年6月16日に出荷されたRed Hat Directory Server 10 をご紹介します。RHDSはNetscape Directory Serverを買収したRed HatがOSS化したLDAPサーバで、高い互換性によりSolarisなどからの移行時に活躍します。またOpenLDAPに無い企業向けの様々な機能も搭載しています。

Red Hat Directory Server 10.0リリース! - もっと読む

Red Hat Enterprise Linux 7でスナップショットとり放題生活をしてみよう

Red Hat Enterprise Linux 7ではスナップショットを低いコストで実現するLVM thin provisioningによる論理ボリュームがサポートされています。この記事ではLVM thin provisioning環境へのインストールと、基本的なスナップショットの作り方を説明したのち、定期的なスナップショットの取得やファイルの差分取得を簡単にできるsnapperを紹介します。

Red Hat Enterprise Linux 7でスナップショットとり放題生活をしてみよう - もっと読む

Red Hat Enterprise Linuxのセキュリティ対応に OpenSCAPを活用しよう

「システムに既知の脆弱性や問題のある設定がないかチェックをしよう」というとき、あなたならどうしますか? 本稿ではセキュリティ対応の自動化のためRHELに最近導入されたOpenSCAPおよびSCAP Security Guideを紹介します。

Red Hat Enterprise Linuxのセキュリティ対応に OpenSCAPを活用しよう - もっと読む

Identity Manager (IdM)とは?

Red Hat Enterprise Linux に付属するID管理ソフトウェアIdentity Manager (IdM)を紹介します

Identity Manager (IdM)とは? - もっと読む

[1]

ドキュメントアクション

お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
パフォーマンスチューニングを自動化するtuned 2017年08月10日
継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription 2017年07月07日
Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました 2017年05月26日
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日