現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Blog / Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう

Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう

今回は開発者むけプログラムの拡充により、無償で開発目的のサブスクリプションが入手できるようになったのでご紹介します。

レッドハットの森若です。Red Hat Enterprise Linuxに興味があるけどなかなか手が出せないな、という方は多くいるかと思います。比較的安価なRed Hat Enterprise Linux Workstationでも定価で4万円弱しますのでお小遣いで買うのは厳しいですね。今回は開発者むけプログラムの拡充により、無償で開発者向けのサブスクリプションが入手できるようになったのでご紹介します。

Red Hat Enterprise Linux Developer Suite

従来から開発者向けのRed Hat Enterprise Linux Developer Suite という製品があり、Red Hatのオンライン販売サイトから99 USDで販売されています(日本からもクレジットカードがあれば購入できますが、直販や代理店経由での取り扱いはありません)。

利用目的は開発目的に制限され、サポートへの問いあわせもできませんが、RHELを1台のハードウェア上で、仮想マシン数の制限なく利用できます。カスタマーポータルも利用できるのでナレッジベースの利用も可能です。

「開発目的」がどこまでの範囲かよくわからないという方がいるかもしれませんが、これは契約書内で具体的に定義されており、以下3種類のユースケースのみです。複数ユーザで共用するような場合には利用できません。

Enterprise Agreementの参考和訳より:

  • ソフトウェアコードを作成するシングルデベロッパー
  • シングルユーザー プロトタイピング、品質保証またはテスト
  • 本ソフトウェアとともにもしくは本ソフトウェア上で動作、稼動するソフトウェアやハードウェアの実演

利用可能なユースケースの例:

  • 手元で開発作業に利用するノートPCにインストールし、一人でおこなう開発作業の範囲内で利用
  • 動作確認
  • デモンストレーション

利用不可能なユースケースの例:

  • (サーバ用途に限らず)開発用に複数人で利用するシステム全般。
    •   ソースコードリポジトリ、Issue Tracker、ビルドサーバなど複数人で利用するもの
  • 開発、プロトタイピング、品質保証、テスト、実演にあたらない目的全般。
    • 維持環境の構築
    • トレーニングや学習用
    • CADなどでのデザイン業務用 (ソフトウェアコードの作成ではない)

Red Hat Developer Program

Red Hat Developer Programとは、ソフトウェア開発者にRed Hat製品を使って開発をしてもらうことを目的としたプログラムです。 JBossをはじめとするミドルウェアや、コンテナ上で動作するアプリケーションの開発などをトピックとしてblogやチュートリアル、ライブビデオなどで情報発信をしています。このDeveloper Programの特典としてRed Hat Enterprise Linux Developer Suiteが無償で1本提供されます。

1ユーザ登録ごとに1本提供されるので、たとえば10人開発者がいてそれぞれがDeveloper Programに登録すれば10本のRed Hat Developer Suiteが無償提供されます。

申し込みの流れ

ざっと申し込みの流れをみてみましょう。

  1. http://developers.redhat.com/ へアクセス
    developer.redhat.com

  2. 右上の「REGISTER」をクリックして登録開始
    developer register

  3. 登録がおわったら「DOWNLOADS」タブをおして……
    developer download

  4. 必要な製品をダウンロードします。最初のダウンロード時にはDeveloper Programの参加にともなう契約の確認が行われます。


アカウント名を押してパスワード設定やユーザ名の確認をおこないましょう。このUsernameとパスワードでカスタマーポータル(https://access.redhat.com/) にもアクセスできます。

developer edit account

関連リンク


お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日
ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう 2015年08月13日
Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう 2015年08月06日
Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成 2015年07月29日
RHELセキュリティ情報の入手と対応 2015年07月23日