現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Blog / RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了

RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了

2017年3月31日にRHEL4の延長サポートとRHEL5の通常サポートが終了します。 そのまま利用しつづけると大きなリスクをかかえることになるので対策をおこないましょう。

レッドハットの森若です。2017年3月31日にRHEL4の延長サポートとRHEL5の通常サポートが終了します。
既存のRHEL4やRHEL5をそのまま利用しつづけると大きなリスクをかかえることになるので対策をおこないましょう。

RHELのライフサイクルとELS add-on

通常のRHELサブスクリプションを買っていると、サポートポリシーに従って各メジャーバージョン(RHEL5, RHEL6, RHEL7)の出荷時点から10年間にわたって修正の提供を受けることができます。その後は新規の調査はおこなわれず既存ナレッジをもとにしたWebおよび電話での問い合わせ対応と既存パッケージの入手だけが可能な ELP (Extended Lifecycle Phase)とよばれる期間にはいります。ELP開始は事実上のサポート終了であり、ELP期間の利用継続は禁止こそされていないものの全く勧められません。

RHELを利用する場合にはこのライフサイクルを確認して、システムにサポートが提供されるようにメジャーバージョンの乗り換えも含めて計画をしていくことが必要です。たとえば2016年10月にシステムを新規に構築して5年間利用する場合、RHEL7で構築して5年間利用するパターンや、RHEL6で3年ほど利用したのちにRHEL7に乗りかえるようなパターンが考えられます。

ELS add-on は、RHEL4とRHEL 5について、パッケージの修正が提供される期間を延長します。ELSは通常のサポートよりも制限が厳しく、サポート対象となるアーキテクチャやパッケージの種類が限定されます。またRHEL 6以降についてはELSは計画されていません。

Red Hat Enterprise Linux のライフサイクルやサポートのポリシーについては以下のページをご確認ください:

利用しているバージョン別の対応方法

基本的には新しい修正が提供されているバージョンへの移行が解決策となります。

RHEL4およびそのELSを利用している場合、2017年3月31日にRHEL4の延長サポートが終了します。サブスクリプションを買って利用を継続することは禁止されてはいませんが、ELSが終了したあとはRHEL4むけには修正が一切出荷されません。できる限り早くの移行が推奨されます。

RHEL5を利用している場合、2017年3月31日に通常サポートが終了します。新しいシステムへの移行が推奨されますが、前述のELSがサポート終了日から利用できますのでシステムを2020年11月までに利用終了することがわかっている場合はELSで提供される更新を適用しつつそのまま利用を継続することも考えられます。RHEL7などの別バージョンに移行する場合にもELS期間の範囲内で移行時期を調整できます。

移行サービスを提供するパートナー

お客様のRHEL4や5からの移行にあたってはレッドハットのパートナーまでご相談ください。以下のキャンペーンサイトからご確認いただけます。

http://jp-redhat.com/rhel4-eol/

関連リンク

お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日
ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう 2015年08月13日
Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう 2015年08月06日
Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成 2015年07月29日