現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Blog / RHELで新しいgitやPython3を使うには?

RHELで新しいgitやPython3を使うには?

現在のRed Hat Enterprise Linux 7ではgitのバージョンは1.8.3です。「もっと新しいバージョンのgitが使いたい!」という方も多いかと思います。このような場合に利用できる Red Hat Software Collectionsをご紹介します。

Red Hat Software Collections

RHEL上でソフトウェア開発をおこなう時に、 「Red Hat Enterprise Linuxに含まれるバージョンが古くて都合が悪い」ということは往々にして発生します。たとえばRHEL 7にはまだPython 3.xは含まれていませんし、gccのバージョンも4.8です。

このような場合に役にたつのがRed Hat Software Collectionsで、RHELのライフサイクルとは独立したライフサイクルでRHEL上で利用できる追加のソフトウェア群を提供します。これはRHELとは異なり最大3年(一部2年)のサポート期間ですが比較的最近のソフトウェアを利用できること、RHELの既存パッケージと競合しないよう工夫してパッケージされていることが特徴です。

Red Hat Software Collectionsについては2年ほど前に「Red Hat Software Collections 2.0 とは」という記事でもご紹介しているのですが、この2年の間に2.1, 2.2, 2.3とバージョンが新しくなってきたのであらためてご紹介します。

Red Hat Software Collections 2.3

Red Hat Software Collections 2.3 ではあたらしく以下のソフトウェアが提供されます。

  • Red Hat Developer Toolset 6.0
    • GCC 6.2.1
    • binutils 2.27
    • elfutils 0.167
    • GDB 7.12
    • strace 4.12
    • SystemTap 3.0
    • Valgrind 3.12.0
    • Dyninst 9.2.0
  • Eclipse 4.6.1
  • Git 2.9.3
  • Redis 3.2.4
  • Perl 5.24.0
  • PHP 5.6.25
  • PHP 7.0.10
  • Python 3.5.1
  • MongoDB 3.2.10
  • MySQL 5.7.16
  • Ruby 2.3.1
  • Thermostat 1.6.4
  • Common Java Packages 1.1

 

完全な一覧表はこちらで確認できます。 https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Software_Collections/2/html/2.3_Release_Notes/chap-RHSCL.html#tabl-RHSCL-Components-all

RHSCL 2.0 サポート期限のご注意

過去にRed Hat Software Collections 2.0をご利用の方は、Developer Toolset 4についてはあと半年ほど、それ以外のパッケージをご利用の場合はあと1年ほどでサポートが終了します。この機会にご利用のパッケージをご確認ください。

Red Hat Software Collections パッケージ毎のサポート期限 は以下ページで確認できます

お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
パフォーマンスチューニングを自動化するtuned 2017年08月10日
継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription 2017年07月07日
Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました 2017年05月26日
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日