現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Business / RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力-

RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力-

2016.10.5[Wed. ] RED HAT FORUM 2016 Tokyo 開催のご案内

2016年10月5日にレッドハット株式会社主催の RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- が開催されます。

本登録の受付が開始されましたので、ぜひご興味の分野のセッションの申し込みをお早めご登録ください。
人気のセッションでは早々に満席となることが想定されています。

お申し込み https://redhatforum.jp/

RED HAT FORUM 2016 Tokyo
The power of participation
-アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力-

レッドハットは、10月5日(水)国内最大級のOSSイベント「レッドハット・フォーラム 2016」を開催いたします。本年のテーマは「The power of participation ―アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力―」。
オープンソースソフトウェアがもたらす価値を、ぜひ会場でご体感ください。

開催概要

日程:2016年10月5日(水)
会場:ウェスティンホテル東京 〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1
主催:レッドハット株式会社
参加費:無料
アクセス:JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口/日比谷線「恵比寿駅」
JR方面出口より 「恵比寿スカイウォーク」で約10分

お申し込み https://redhatforum.jp/

セッション

OpenStack/クラウド、コンテナ/DevOps、アプリケーションプラットフォーム、オートメーション/マネジメント、ビッグデータ/IoT の5つのカテゴリをテーマに、先進的なお客様導入事例やパートナーソリューション、レッドハットの最新テクノロジーの紹介など、30を超えるセッションをご用意しています。ビジネスに生かせる企業IT変革のヒントをぜひ見つけてください。

ミニシアター

展示会場内で展開するミニシアターでは、スポンサー企業各社のソリューションを各15分間でコンパクトにご紹介します。OpenStack や Io T、ビッグデータ、DevOps など今年イチオシのソリューションの最新トレンド・技術情報を、ショートセッションで気軽にご聴講いただけます。ぜひお立ち寄りください。

展示

レッドハットと協賛スポンサーによる最新OSS製品・技術ソリューションを一挙にご覧いただけるパビリオン会場です。会場では、レッドハットのソリューションアーキテクトをはじめ、製品・技術のエキスパートが、その場で直接皆様のご相談にお応えします。各社ブース展示に加え、ミニシアター講演、ネットワーキングパーティなど随時ご参加いただける企画をご用意しています。

タグ:
お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました 2017年05月26日
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日
ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう 2015年08月13日
Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう 2015年08月06日