現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Business / 創る、活かす、つなぐ ~OpenStack Days Tokyo 2015 出展

創る、活かす、つなぐ ~OpenStack Days Tokyo 2015 出展

2015年2月3日(火)、4日(水)の2日間開催される OpenStack Days Tokyo 2015に、レッドハットはプラチナスポンサー、サイオスはシルバースポンサーとして初出展

2015年の OpenStack Days Tokyo は、協賛企業40社が参加し、クラウドを『創り、活用し、そしてつなげて行く』をテーマに、講演と展示でOpenStackとそのエコシステムを知っていただく機会をご提供します。

レッドハット社はプラチナスポンサー、サイオスはシルバースポンサーとして初出展いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。

開┃催┃概┃要┃
━┛━┛━┛━┛
 
日 時  2015年2月3日(火)- 4日(水) 2日間開催

会 場  グランドプリンスホテル高輪 B1F (JR品川駅から徒歩5分)

 

サイオスのブース展示

ネットワールド様にご協力いただき、ネットワールド様の環境に構築したRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformにネットワーク経由で接続し、実際にさわって実感できるデモをお届けします。
デモ環境で利用するハードウェア構成は、今後Red HatのOpenStackを導入する際のご参考にもなるかと思います。

サイオスのミニセッション       

講演タイトル: OSSならサイオス ~OpenStackを考察してみる

OpenStackは実際どの様なところで、どう利用されているのでしょうか。
様々な機関でもいろいろなディスカッションが行われており、日本国内だけで はなく海外の声なども参考になるかもしれません。Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformの様な商用版、RDOといったコミュニティ版、それぞれを利用する際にはどのような課題がみえているのか、OpenStackを利用する 側、活用を検討する側の現状とOpenStackを取り巻く動きについて、『OSSならサイオス』と言われる弊社からご紹介いたします。

日 時: 2月4日 (水) 12:30-12:45
講演者: サイオステクノロジー株式会社 OSS テクノロジーセンター長  黒坂肇、杉崎道夫


詳細は 
OpenStack Days Tokyo 2015サイトへ

お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日
ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう 2015年08月13日
Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう 2015年08月06日
Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成 2015年07月29日