現在位置: ホーム / Red Hat Ch. / Red Hat Business / OpenStack Days Tokyo 2015 現地レポート

OpenStack Days Tokyo 2015 現地レポート

2015年2月3〜4日の2日間にわたり、オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウエア「OpenStack」をテーマにしたイベント「OpenStack Days Tokyo 2015」が開催された。本稿では、特に、レッドハット社ならびにサイオステクノロジー社の取り組みを中心にして、OpenStack Days Tokyo 2015のレポートをお届けしたい。



なんといっても、注目点は、当日の参加者の数と熱気だろう。セミナーでは多数の立ち見の参加者がでるほどの大きな盛り上がりを見せ、また、各社のソリューションを展示したコーナーでは熱心な参加者がベンダーと話をしていた。OpenStackに対する市場での期待の高さを反映するものとなった。

rh-openstack6

初日の基調講演に登場したのは、OpenStackプロジェクト共同創始者の1人でOpenStack FoundationのCOO(最高執行責任者)のMark Collier氏が登壇し、『OpenStack Scope : How we're making the core smaller while embracing the freedom to innovate around it』と題して、OpenStackの現状や課題、今後の注力分野などを語った。この基調講演は、多くのメディアで報道されているので、ぜひ参考にして欲しい( 参考: http://enterprisezine.jp/iti/detail/6561 )

盛り上がりを見せた初日最後の講演を飾ったのが、レッドハット SDN担当テクニカル・ディレクター 兼 OpenDaylightプロジェクト ボードメンバーであるChris Wright氏である。

Wright氏は、『OpenStackとNFVの関係、OpenDaylightプロジェクト最新情報』と題して、オープンソースのSDNコントローラーのプロジェクト「OpenDaylight」の概要および高速化技術を中心としたNFVのプロジェクト「OPNFV」や、OpenDaylightプロジェクトから見た、NFV/SDNとOpenStackの最新情報を紹介した(講演資料PDFは、こちら からダウンロード可能)


アップストリームファースト

Wright氏がまず、強調したのがコミュニティとレッドハットとの関わりについてだ。レッドハットでは、「アップストリームファースト」というモデルを提唱している。アップストリームとは、Linuxなどのオープンソースのコミュニティが開発・メンテナンスをしているソースコードのことを指す。レッドハットのようなLinuxディストリビューションベンダーは、アップストリームで開発されたLinuxカーネルに加えて、多くのオープンソースコミュニティが開発したコンポーネントを組み合わせたパッケージを作成する。

Red Hat とコミュニティ


レッドハットでは、アップストリームで開発されたソースコードを組み合わせて、まず、コミュニティプラットフォームを提供するコミュニティを支援する。その後、サポートやソリューションが必要となる企業や団体などに有償で販売するパッケージを提供するというモデルとなっているのだ。OpenStackやJBossなどにおいても同じ考え方で体制が作られることになる。

 

NFVとレッドハットの取り組み

続いて、詳しく紹介されたのは、NFV(Network Functions Virtualization)についてだ。NFVというキーワードは、読者も最近に耳にすることも多くなっただろう。サーバーの仮想化、クライアントの仮想化、ストレージの仮想化と並び、ネットワークにおいても、「ネットワークの仮想化」に注目が集まる。その中で、SDNと並んで、今、最もホットな話題の1つと言えばNFVといえるかもしれない。

 現在、ネットワーク機能の多くは、専用ハードウェア上で一体化したネットワーク専用機として提供されている。それでは、購入・インテグレーション・デプロイ・運用には高価になりがちだ。NFVは、仮想化技術を使ってネットワーク機能をx86サーバーのような汎用プラットフォーム上で実現する。このことにより、コストが削減できるだけでなく、「新しいサービスをタイムリーにリリースできるようになる」(Wright氏) という。

NVFが関係するコミュニティは、ETSI(欧 州電気通信標準化機構:European Telecommunications Standards Institute)のNFV ISG(Industry Specification Group)、OPNFV、OpenStack およびインフラ機能を提供するlibvirt, qemu/KVM, Ceph, Open Daylight, Open vSwitchであるという。

IMG_2009.JPG


これらのコミュニティの中から、Wright氏は、2014年9月に発足したOpen Platform for NFV(OPNFV)について紹介する。OPNVFとは、レッドハット、AT&T、Cisco、HP、NTTドコモなどの通信・ネットワーク関連企業が、Linux Foundationと協力して、新たなオープンソースプロジェクトである。OPNVFは、オープンなNFVリファレンスプラットフォーム構築のために、一貫性のある標準の実装を進める。この活動にも共通するフィロソフィーは、アップストリームファーストだ。そして、さまざまなコミュニティと協調して、プロジェクトを推進するというスタンスも変わらない。レッドハットしては、この成果をRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformに取り入れていくとする。
 

OpenDaylightプロジェクト,Open vSwitchとDPDK


そして、Wright氏がボードメンバーをつとめるOpenDaylight プロジェクトの最新情報を紹介した。

IMG_2020.JPG

OpenDaylightは、Linux Foundationが2013年4月に開始したオープンソースのSoftware Defined Network(SDN)プロジェクトである。OpenDaylightでは、広範囲なベンダーのスイッチやルーター、ファイアウオールなどのデバイスをコントロールできるSDNコントローラーを提供する。2014年2月にOpenDaylightの最初のバージョンであるHydrogenを公開し、2番目のバージョンであるHeliumを2014年9月にリリースした。レッドハットでは、OpenDaylightプロジェクトのプラチナメンバーとして、OpenStack用のネットワーク仮想化などにフォーカスして活動しているという。

さらに、OpenFlowをサポートする仮想環境でのオープンソースの仮想スイッチOpen vSwitch、Linuxカーネルの代わりに、ネットワークパケットを処理するアプリケーションを独自に作成することが可能とするDPDK (Data Plane Development Kit) を紹介し、インテルの検証結果やOpenStack, OpenDaylightコントローラー、Open vSwitch, DPDKを組み合わせたアーキテクチャーを示した。

最後に、レッドハットは、このような多くのプロジェクト、コミュニティが活動するネットワーク領域において、スポンサーとして、また、開発をリードするエンジニアが活躍することにより、NFVに対する取り組みを強化していくと、

Wright氏は、NFVへの取り組み全体をまとめて講演を終了した。

このようにネットワーク仮想化周辺は、多くのコミュニティやプロジェクトが同時並行で早く動いていく。このような意味で、本講演は、今、話題のキーワードであるSDN, NFV, OpenDaylightなどを一覧で理解できたよい機会ではなかっただろうか。これからも、この分野の動きは急速だと思われるので、ぜひ引き続きフォローして欲しい。

展示会フロアーに目を移すと、レッドハットは、OpenStackディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」をはじめ、OpenStack、VMware、Amazon Web Servicesを統合管理できるクラウド管理プラットフォーム「CloudForms」、注目度が上昇しているPaaS領域での「OpenShift」など、OSSベースのクラウド製品を紹介していた。

Red Hat OpenStack7

 

サイオステクノロジーのOpenStackへの取り組み


本サイトを運営するサイオステクノロジー株式会社のセッションにも、他のセッションと同様に多数の参加者が集まり、立ち見がでる盛況さであった。セッションは、タイトル『OSSならサイオス ~OpenStackを考察してみる』と題して、OSS テクノロジーセンター長 黒坂 肇氏とレッドハット製品担当 杉崎道夫氏が、講演を行った。

まず、黒坂氏が、OpenStackだけでなく、オープンソース全体の動向を含めての紹介、また、課題を紹介した。そして、最後に、杉崎氏が、サイオステクノロジー社ブースでのデモンストレーション概要を説明した。

そのブースでは、ネットワールド社から協力を得て、ネットワールド社の環境に構築したRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformにネットワーク経由で接続し、デモンストレーションを実施していた。ネットワールド社によれば、NetApp社のストレージ機能を活用することで、IOボトルネックを解消し、効率的な運用ができるという。

具体的には、clustered Data ONTAP と協調し、NetApp Unified Driver の拡張したCopy Offloadなどを活用し、紹介していた。多数のサービスが稼働するOpenStack環境では、さまざまなサーバーが稼働している。そして、新しいサーバーを稼働させることも必須だ。

そ のとき、サーバーのリソースをすべて利用して、データのロード、ストアが実施することは、少なからずの不可をサーバーにかけることになる。これを、 Copy Offload機能などを利用することで、ストレージが得意なIO処理をサーバーのリソースを使用せずに、ストレージに任すことで負荷をオフロードするこ とができる。

Red Hat OpenStack1

つまり、サーバーリソースの消費を削減することができるため、OpenStack 環境で、より多くのインスタンスを稼働させることができ、また、余計な負荷をかけずに済むという。

効率的な運用管理には、餅は餅屋に任せる=ストレージについては、ストレージに任せるといったことも重要になるということだ。

rh-openstack2

実際のデモンストレーションの構成と内容は、ネットワールド社作成の以下の資料と動画を参照して欲しい。

  • OpenStack Cinderを使ったボリューム管理 NetApp Unified Driver スナップショット連携編

 

  • OpenStack Cinderを使ったボリューム管理 LVM連携編


主催者によれば、2日間の参加者は2000人を越えたという。この盛り上がりは、おそらく今年秋に開催されるOpenStack Foundation主催のOpenStack Summit にも引き継がれていくだろう。それまでに、どのようなベンダーや企業が新たな取り組みを発表するのか、期待したい。

PS. 写真はサイオステクノロジー社イベントでおなじみになった「おーぷんソイそーす」

 rh-openstack5

お問い合わせ

問い合わせボタン

RHEL サポート

最近の更新
継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription 2017年07月07日
Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました 2017年05月26日
Automation with Ansibleコース(DO407 :4日間)のご紹介 2017年04月26日
RHELで新しいgitやPython3を使うには? 2017年03月29日
AnsibleとRed Hat Identity Managementを併用すると便利 2017年02月28日
Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる 2016年11月28日
VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説 2016年11月24日
RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了 2016年10月17日
Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持 2016年08月31日
RED HAT FORUM 2016 Tokyo The power of participation -アイデアとテクノロジーが生むオープンイノベーションの破壊力- 2016年08月12日
Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい 2016年07月27日
ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう 2016年06月03日
Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか? 2016年04月27日
Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう 2016年04月01日
Relax and Recoverでのシステム回復 2016年03月08日
Red Hat Insightsとは 2015年11月13日
Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点 2015年10月05日
RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話 2015年08月31日
Red Hat Satellite使いはじめガイド 2015年08月20日
ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう 2015年08月13日