現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Apache 2.4.25のリリースと複数の脆弱性情報(CVE-2016-0736 , CVE-2016-2161 , CVE-2016-5387 , CVE-2016-8740 , CVE-2016-8743 )

Apache 2.4.25のリリースと複数の脆弱性情報(CVE-2016-0736 , CVE-2016-2161 , CVE-2016-5387 , CVE-2016-8740 , CVE-2016-8743 )

12/21にApache 2.4.25がリリースされました。このバージョンでは複数の脆弱性 ( CVE-2016-0736 , CVE-2016-2161 , CVE-2016-5387 , CVE-2016-8740 , CVE-2016-8743 )が修正されています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

12/21に、Apache 2.4.25がリリースされました。このバージョンでは、複数の脆弱性 ( CVE-2016-0736 , CVE-2016-2161 , CVE-2016-5387 , CVE-2016-8740 , CVE-2016-8743 )が修正されています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVEと変更点(詳細は一次情報源のサイトをご確認ください)

CVE ID コンポーネント 情報
CVE-2016-0736 mod_session_crypto パディングオラクル攻撃による解読や改竄を、セッションデータ/クッキーをMAC(SipHash)で認証することで防止します。
CVE-2016-2161 mod_auth_digest 共有メモリ領域が枯渇している時に、クライアントエントリーを割り当てる際にSegfaultが発生してしまうことを防止します。
CVE-2016-5387 core CGIでの、いわゆる「httpoxy」問題を和らげます。
CVE-2016-8740 mod_http2 エンドレスのフレームによるメモリ枯渇(DoS)を和らげます。
CVE-2016-8743 悪意のあるクライアントやプロキシによる"Cache Polution"を防止するために、request linesとrequest headersはRFC7230に従うように強制します。

主なディストリビューションの脆弱性情報・アップデート情報

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、アプリケーションの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セミナー情報

event_2017_02_08


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン