現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / AppArmorの脆弱性( CVE-2017-6507 )

AppArmorの脆弱性( CVE-2017-6507 )

03/25/2017にAppArmorの脆弱性情報(CVE-2017-6507)が公開されました。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

03/25/2017にAppArmorの脆弱性情報(CVE-2017-6507)が公開されました。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Medium

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2017-6507
    • apparmorサービスの再起動やパッケージのアップグレードが、プライベートに管理されていたプロファイルをunloadしない問題

    • 重要度 - Meduium

    • 2.12以上のAppArmorに問題が有り、initスクリプトや、upstartジョブや、systemdのユニットファイルで、定義されていないAppArmorプロファイルの扱いがきちんと行われていませんでした。これは、/etc/apparmor.d以下のような標準的な位置に無いプロファイルが、'再起動'オペレーションを処理する一般的なロジックでうまく扱われていないのが原因です。LXDやDockerのような、一般的でないAppArmorプロファイルディレクトリを管理するUserspaceのプロジェクトは、この欠陥の影響を受けます。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。

参考にして下さい。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-6507

https://bugs.launchpad.net/apparmor/+bug/1668892

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン