現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / curlの複数の脆弱性(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007)

curlの複数の脆弱性(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007)

1/25/2018にcurlに複数の脆弱性情報(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

1/25/2018にcurlに複数の脆弱性情報(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Low(CVE-2018-1000005)/Moderate(CVE-2018-1000007)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000005
    • 境界外読み込みによるクラッシュまたはデータの開示の可能性

    • 重要度 - Low

    • 影響を受けるバージョン : libcurl 7.49.0 から 7.57.0

    • libcurlのHTTP/2 trailerの処理に問題が見つかりました。HTTP/1のようなヘッダをHTTP/2 trailerデータから作成するとき、文字列":"がターゲットバッファに現れた場合、これは": "(コロンのあとに空白が追加された)に最近変更されましたが、関連した部分で正しく更新されていない場合がありました。これにより、クラッシュまたはデータの開示の可能性があります。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1000007
    • 認証データの第三者への漏洩の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 影響を受けるバージョン : libcurl 7.1 から 7.57.0

    • HTTPでカスタムヘッダーを送るようにリクエストされた場合、libcurlはヘッダーのセットを最初のURLでホストに送信しますが、リダイレクトに続いて0X HTTPレスポンスコードが返された場合、ホストはURLのLocation:レスポンスヘッダ値を渡します。特にカスタムのAuthorizaion:ヘッダをパスするようなアプリケーションの場合には、このヘッダにセンシティブな情報が含まれることがあるため、問題となることがあります。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

[参考]

https://curl.haxx.se/docs/adv_2018-824a.html

https://curl.haxx.se/docs/adv_2018-b3bf.html

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

著者が所属しているOSSセキュリティ技術の会では、02/23/(金)に「3コマ連続 [セキュリティトラック] OSSと脆弱性管理」と題して、OSSの利用と脆弱性管理に関しての、パネルディスカッションを含めたセッションを行います。

https://www.ospn.jp/osc2018-spring/modules/eguide/event.php?eid=49がプログラム内容の詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
LibVNCServerの脆弱性(CVE-2018-7225) 2018年02月21日
PostgreSQLに複数の脆弱性(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053) 2018年02月10日
eximの脆弱性(CVE-2018-6789) 2018年02月09日
glibcの脆弱性(CVE-2018-6551) 2018年02月05日
glibcの脆弱性(CVE-2018-6485) 2018年02月02日
Linux Kernelに複数の脆弱性(CVE-2017-16911, CVE-2017-16912, CVE-2017-16913, CVE-2017-16914) 2018年02月02日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-6412) 2018年02月01日
systemdの脆弱性(CVE-2017-18078) 2018年01月30日
Squidに複数の脆弱性(CVE-2018-1000024, CVE-2018-1000027) 2018年01月30日
curlの複数の脆弱性(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007) 2018年01月29日
週末(1/27,1/28)の更新情報と、先週(1/22-1/26)の更新情報一覧 2018年01月29日
ClamAV 0.99.3のリリースと、複数の脆弱性(CVE-2017-12374, CVE-2017-12375, CVE-2017-12376, CVE-2017-12377, CVE-2017-12378, CVE-2017-12379, CVE-2017-12380) 2018年01月28日
dnsmasqの脆弱性(CVE-2017-15107) 2018年01月28日
unboundの脆弱性(CVE-2017-15105) 2018年01月27日
389-ds-baseの脆弱性(CVE-2017-15134, CVE-2017-15135) 2018年01月26日
libtasn1の脆弱性(CVE-2018-6003) 2018年01月26日
systemdの脆弱性(CVE-2018-1049) 2018年01月26日
rsyncの脆弱性(CVE-2018-5764) 2018年01月22日
MySQLの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Jan 2018) 2018年01月18日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Jan 2018) 2018年01月18日
最新の記事 - もっと...