現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / bind 9に緊急の脆弱性(CVE-2016-1285, CVE-2016-1286, CVE-2016-2088)

bind 9に緊急の脆弱性(CVE-2016-1285, CVE-2016-1286, CVE-2016-2088)

3月10日にbind9の脆弱性(CVE-2016-1285, CVE-2016-1286, CVE-2016-2088)について、各社の対応状況をまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

3月10日にbind9の脆弱性(CVE-2016-1285, CVE-2016-1286)が報告されています。影響度合いも"High"になっていますので、ここでは、本脆弱性について簡単にまとめてみます。

 


Priority

Critical

影響するバージョン

bindバージョンCVE-2016-1285CVE-2016-1286CVE-2016-2088
9系列 9.2.0以降全てのバージョン 9.2.0以降全てのバージョン -
9.10系列 9.10.3-P3以前のバージョン 9.10.3-P3以前のバージョン 9.10.3-P3以前のバージョン

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2016-1285
    • namedに対するリモートからのサービス停止(DoS)

    • 重要度 - High

    • BIND 9.xで文字列のフォーマット処理に不具合があり、悪意のあるユーザが作成した不正なrdncを受け取った際にnamedが異常終了を起こす場合があります。

  • CVE-2016-1286
    • DNAMEリソースレコードのパースエラーによるリモートからのサービス停止(DoS)

    • 重要度 - High

    • DNAMEリソースレコードのパースエラーによりnamedをクラッシュすることが出来、結果的にDoSが引き起こされる可能性があります。

  • CVE-2016-2088
    • DNS cookie処理の不具合によるサービス停止

    • 重要度 - High

    • DNS cookieを有効にしている時に、複数のCOOKIE OPTオプションを含む不正なパケットを受け取った際にnamedが異常終了を起こす可能性があります。


主なディストリビューションの対応方法

bind9及び関係するパッケージのバージョンを更新する必要があります。

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

また、bindサービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

CVE-2016-1285

CVE-2016-1286

CVE-2016-2088

(緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2016-1285)

(緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2016-1286)

(緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2016-2088)

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン