現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Oracle Javaの脆弱性(CVE-2016-0686, CVE-2016-0687, CVE-2016-0695, CVE-2016-3425, CVE-2016-3427)

Oracle Javaの脆弱性(CVE-2016-0686, CVE-2016-0687, CVE-2016-0695, CVE-2016-3425, CVE-2016-3427)

4月末に、月例のOracle Javaの脆弱性が公開されています。影響範囲も大きくCriticalなものもあり、3月のものとも異なるため、今回はこのJavaの脆弱性についてまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

4月20日に月例のOracle Javaの脆弱性が公開されています。影響範囲も大きくCriticalなものもあるため、今回はこのJavaの脆弱性についてまとめてみます。



Priority

Critical

影響するバージョン

JAVA SE 6 Update113, JAVA SE 7 Update99, JAVA SE 8 Update77 以前の全てのバージョン

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2016-0686
    • 脆弱性により、リモートの攻撃者からシリアライゼーションに関係してCIA(confidentiality, integrity, and availability)が侵害される可能性

    • 重要度 - Critical

  • CVE-2016-0687
    • 脆弱性により、リモートの攻撃者からHotSpot サブコンポーネントに関係してCIA(confidentiality, integrity, and availability)が侵害される可能性

    • 重要度 - Critical

  • CVE-2016-3425
    • 脆弱性により、リモートの攻撃者からJAXPに関係してAvailabilityが侵害される可能性

    • 重要度 - Critical

  • CVE-2016-3427
    • 脆弱性により、リモートの攻撃者からJMXに関係してCIA(confidentiality, integrity, and availability)が侵害される可能性

    • 重要度 - Critical


    主なディストリビューションの対応方法

    詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


    対処方法

    各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

    また、javaを使用してサービスを提供している場合には、サービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


    [参考]

    Oracle Critical Patch Update CVSS V2 Risk Matrices - April 2016

    定例パッチで「Java SE」の脆弱性9件を解消 - 3月の更新とは異なる修正のため注意を

    OSSよろず相談室

    サイオスOSSよろず相談室(2)

    問い合わせボタン