現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / OpenStack Neutronに複数の脆弱性 (CVE-2016-5362, CVE-2016.5633, CVE-2015-8914)

OpenStack Neutronに複数の脆弱性 (CVE-2016-5362, CVE-2016.5633, CVE-2015-8914)

OpenStack Neutronに複数の脆弱性が発見されました。 ここでは、各ディストリビューションの対応を含めてまとめています。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

6月15日にOpenStackのNeutronに複数の脆弱性が公開されていますので取り上げてみます。



Priority

High

影響するバージョン

Neutron: <=7.0.4, >=8.0.0 <=8.1.0

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2015-8914(ICMPv6 source address spoofing)
    • ipv6での source address偽装

    • ICMPv6デフォルトファイアウォールのルールが不十分であり、ipv6 addressに対しての偽装防止が不十分であり、送信元のiipv6アドレス等を偽装することが可能になります。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

また、SIOSではOpenStackのPoC支援のサポートメニュー提供を開始しました。

OpenStackに関しての導入を検討されている方は、是非こちらもご活用頂ければと思います。


[参考]

http://seclists.org/oss-sec/2016/q2/534


[セミナー告知]

7/22にノベル株式会社様と共催で「クラウド・OSSセキュリティセミナー」と題して、OpenStack基盤自体のセキュリティに関して、デモを交えたセミナーを行います。

https://sios.secure.force.com/webform/SeminarDetail?id=70110000000sotpAAAがプログラム内容と申し込みの

詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン