現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / MySQLでリモートからroot権限でファイルを実行できる脆弱性(CVE-2016-6662)

MySQLでリモートからroot権限でファイルを実行できる脆弱性(CVE-2016-6662)

9月12日にMySQLの脆弱性(CVE-2016-6662)が公開されました。今回は、この脆弱性について各ディストリビューションの対応状況を簡単にまとめてみます。 (※)10/19のOracle CPU(Critical Patch Update)による情報を反映しました。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

9月12日にMySQLの脆弱性(CVE-2016-6662)が公開されました。今回は、この脆弱性について各ディストリビューションの対応状況を簡単にまとめます。対応状況は逐次更新します。

(※)10/19のOracle CPU(Critical Patch Update)による情報を反映しました。影響するバージョンが一つずつ上がっていますので注意が必要です。



(※)OracleのCPU(Critical Patch Update)と情報

http://www.oracle.com/technetwork/security-advisory/cpuoct2016-2881722.html#AppendixMSQL

こちらのOracleからの情報によると、MySQLの影響するバージョンが一つずつ上がっていますので注意が必要です。

5.5.52 and earlier, 5.6.33 and earlier, 5.7.15 and earlier

Priority

Critical

影響するバージョン

(※)10/19のOracle CPU(Critical Patch Update)による情報を反映しました。

MySQL 5.7.15、5.6.33、5.5.52以前のバージョン


脆弱性概要(詳細はリンク先のサイトをご確認ください)

    MySQL Remote Root Code Execution / Privilege Escalation (0day)
    • リモートからのroot権限でのコード実行・特権昇格の可能性

    • 2003年に3.23.55以前のMySQLで見つかった、ユーザが

      SELECT * INFO OUTFILE '/var/lib/mysql/my.cnf'
      

      を用いてmysqlの設定ファイルを作れるという脆弱性はworld-writableな設定ファイルをリジェクトするなどのmysqlの変更や、OUTFILE/DUMPFILEステートメントによるファイルの上書きを禁止するなどにより修正されていましたが、MySQLのlogging function(MySQLのデフォルトインストールで有効になっている)を悪用することでバイパス出来ることがわかりました。

      この脆弱性により、攻撃者はSQLインジェクションを用いてリモートからmy.cnfファイルを変更できます。

      この脆弱性と、殆ど全てのディストリビューションで使われている、mysqld_safeによるstartup時のライブラリのpreload機能により、攻撃者は任意のコードをroot権限で実行することが可能になります。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。

また、MySQLのバージョンを上げた時にはサービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[セミナー告知]

11/30(水)に「OSSセキュリティナイター vol.3」と題して、セキュリティのセミナーを行います。

この回では、世界で最も利用されているオープンソースデータベースであるMySQLを取り上げ、『MySQLデータベースのセキュリティを考える 〜 重要データを守るために必要なこと〜』と題してセミナーを開催します。

今回も、前回に引き続き、ゲスト講師としてMySQLスペシャリストをお招きし講演をいただきます。

http://connpass.com/event/44819/がプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-7277 ) 2017年03月29日
ntpに複数の脆弱性(CVE-2017-6451, CVE-2017-6452, CVE-2017-6455, CVE-2017-6458, CVE-2017-6459, CVE-2017-6460, CVE-2017-6462, CVE-2017-6463, CVE-2017-6464 ) 2017年03月28日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-7273 ) 2017年03月28日
AppArmorの脆弱性( CVE-2017-6507 ) 2017年03月26日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-7261 ) 2017年03月25日
Sambaに共有以外のファイルにアクセスされる脆弱性(CVE-2017-2619) 2017年03月24日
Subscription-managerの脆弱性( CVE-2017-2663 ) 2017年03月22日
binutilsに複数の脆弱性( CVE-2017-6965, CVE-2017-6966, CVE-2017-6969, CVE-2017-7209 , CVE-2017-7210 , CVE-2017-7223, CVE-2017-7224, CVE-2017-7225, CVE-2017-7226, CVE-2017-7227 ) 2017年03月22日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-7187 ) 2017年03月21日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6353 , CVE-2017-5986 ) 2017年03月21日
Ubuntu 16.10のkernelの脆弱性( CVE-2017-7184 ) 2017年03月20日
pcreの脆弱性( CVE-2017-7186 ) 2017年03月20日
binutilsの脆弱性( CVE-2017-6965 , CVE-2017-6966 , CVE-2017-6969 ) 2017年03月19日
MySQL(MariaDB) 5.5/5.6のmysql clientの脆弱性( Riddle : CVE-2017-3305 ) 2017年03月18日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6951 ) 2017年03月17日
Apache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 ) 2017年03月15日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6874 ) 2017年03月15日
tomcatに情報漏えいの脆弱性( CVE-2016-8747 ) 2017年03月14日
QEMUの脆弱性( CVE-2016-9603 ) (Xen: XSA-211) 2017年03月14日
lxcの脆弱性(CVE-2017-5985) 2017年03月10日
wgetの脆弱性(CVE-2017-6508) 2017年03月08日
linux kernelに特権昇格の脆弱性( CVE-2017-2636 ) 2017年03月08日
( PoC ) linux kernel特権昇格脆弱性( CVE-2017-6074 ) の暫定回避策の確認 2017年03月06日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-9083 , CVE-2016-9084 ) 2017年03月03日
linux kernelに複数の脆弱性( CVE-2017-6345 , CVE-2017-6346 , CVE-2017-6347 , CVE-2017-6348 ) 2017年03月01日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part4) 2017年02月28日
util-linux / coreutils の脆弱性(CVE-2017-2616) 2017年02月24日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6214 ) 2017年02月24日
linux kernelに特権昇格の脆弱性( CVE-2017-6074 ) 2017年02月23日
curlの脆弱性 ( CVE-2017-2629 ) 2017年02月22日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2620 ) (Xen: XSA-209) 2017年02月22日
Tomcatの脆弱性 ( CVE-2017-6056 ) 2017年02月21日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part3) 2017年02月21日
OpenSSLの脆弱性 ( CVE-2017-3733 ) 2017年02月16日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6001 , (was CVE-2016-6786) ) 2017年02月16日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2630 ) 2017年02月15日
glibcの脆弱性(CVE-2015-8982, CVE-2015-8983, CVE-2015-8984) 2017年02月15日
vimの脆弱性 ( CVE-2017-5953 ) 2017年02月14日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - January 2017) 2017年02月14日
libxml2の脆弱性(CVE-2017-5969) 2017年02月13日
「linux kernel-4.9」でのLSMモジュールについて 2017年02月13日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-5970 ) 2017年02月13日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-8636 ) 2017年02月12日
bind 9 に設定依存の脆弱性 ( CVE-2017-3135 ) 2017年02月09日
bashの自動補完機能の脆弱性( CVE-2017-5932 ) 2017年02月08日
spiceの脆弱性( CVE-2016-9577 , CVE-2016-9578 ) 2017年02月08日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-5898 ) 2017年02月08日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-5897 ) 2017年02月08日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-10208 ) 2017年02月06日
ntfs-3gの脆弱性(CVE-2017-0358) 2017年02月02日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2615 ) 2017年02月02日
tcpdumpに複数の脆弱性(CVE-2016-7922 等) 2017年01月30日
libgdに複数の脆弱性情報 (CVE-2016-9317, CVE-2016-6912, CVE-2016-10167, CVE-2016-10168, CVE-2016-10169) 2017年01月29日
OpenSSLに複数の脆弱性 ( CVE-2017-3730 , CVE-2017-3731 , CVE-2017-3732 ) 2017年01月27日
RunCに関しての脆弱性( CVE-2016-9962 )のPoCとSELinuxによるリスクの軽減 2017年01月26日
systemdの重要な脆弱性( CVE-2016-10156 ) 2017年01月25日
linux kernelの複数の脆弱性( CVE-2016-10153, CVE-2016-10154, CVE-2017-5547, CVE-2017-5548, CVE-2017-5549, CVE-2017-5550, CVE-2017-5551) 2017年01月25日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part2) 2017年01月24日
linux kernel(KVMを有効にしている場合)で複数の脆弱性( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 ) 2017年01月21日
OpenSCAP 1.2.13のリリース情報 2017年01月16日
最新の記事 - もっと...