現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / linux kernel(KVMを有効にしている場合)で複数の脆弱性( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 )

linux kernel(KVMを有効にしている場合)で複数の脆弱性( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 )

1/19, 1/20と、linux kernelでKVMを有効にしている場合に関して複数の脆弱性情報 ( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 )が出ています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。情報は逐次更新します。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

1/19, 1/20と、linux kernelでKVMを有効にしている場合に関して複数の脆弱性情報 ( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 )が出ています。今回は、これらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



Priority

Important/Medium

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2016-10150
    • Use-After-Free攻撃によるDoS又はシステムでの権限昇格の可能性

    • 重要度 - Important

    • バグにより、CONFIG_KVMを有効にしているKernelでioctl('/dev/kvm', ...)を使ってデバイスを作成している際にUse-After-Free攻撃を行われる可能性が有ります。

  • CVE-2017-2583
    • DoS又はゲストOS内での権限昇格の可能性

    • 重要度 - Medium

    • CONFIG_KVMを有効にしているKernelでlongモードで値をSS(セグメントセレクタ)レジスタにロードしている際に、不正なセグメントセレクタ値による脆弱性が発見されました。Intel CPUの場合はDoSが可能です。AMD CPUの場合にはゲストOS内での権限昇格の可能性が有ります。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、アプリケーションの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。


セミナー情報

event_2017_02_08


OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン