現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Linux Kernelの脆弱性 (CVE-2018-10124)

Linux Kernelの脆弱性 (CVE-2018-10124)

04/16/2018にLinux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-10124)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

04/16/2018にLinux Kernelの脆弱性情報(CVE-2018-10124)が公開されています。今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10124
    • ローカルユーザによるDoS可能性

    • 重要度 - Low

    • 4.13以前のLinux Kernelの、kernel/signal.c中のkill_something_info()関数では、アーキテクチャを指定せずにコンパイラを使用した場合に、INT_MIN引数を通してローカルユーザがDoSを引き起こす事が出来る可能性が有ります。

      この部分の修正は

      diff --git a/kernel/signal.c b/kernel/signal.c
      index 48a59ee..caed913 100644
      --- a/kernel/signal.c
      +++ b/kernel/signal.c
      @@ -1402,6 +1402,10 @@ static int kill_something_info(int sig, struct siginfo *info, pid_t pid)
       		return ret;
       	}
       
      +	/* -INT_MIN is undefined.  Exclude this case to avoid a UBSAN warning */
      +	if (pid == INT_MIN)
      +		return -ESRCH;
      +
       	read_lock(&tasklist;_lock);
       	if (pid != -1) {
       		ret = __kill_pgrp_info(sig, info,
      

      となります。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-10124

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
GlusterFSの脆弱性(CVE-2018-1088) 2018年04月19日
MySQLの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Apr 2018) 2018年04月19日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Apr 2018) 2018年04月18日
Linux Kernelの脆弱性 (CVE-2018-10124) 2018年04月17日
OpenSSLの脆弱性情報 ( CVE-2018-0737 : Low) 2018年04月17日
GNU Patchの脆弱性(CVE-2018-1000156) 2018年04月08日
GnuPGの脆弱性(CVE-2018-9234) 2018年04月05日
Rubyに複数の脆弱性(CVE-2018-6914, CVE-2018-8777, CVE-2018-8778, CVE-2018-8779, CVE-2018-8780) 2018年04月04日
Linux Kernelの複数の脆弱性(CVE-2018-1092, CVE-2018-1093, CVE-2018-1094, CVE-2018-1095) 2018年04月02日
Apache Struts2の脆弱性(S2-056 : CVE-2018-1327) 2018年03月28日
OpenSSLの脆弱性 ( CVE-2018-0739, CVE-2018-0733 ) 2018年03月28日
Apache HTTP Serverに複数の脆弱性(CVE-2017-15710,CVE-2017-15715,CVE-2018-1283,CVE-2018-1301,CVE-2018-1302,CVE-2018-1303,CVE-2018-1312) 2018年03月25日
rsyslog librelpの脆弱性(CVE-2018-1000140) 2018年03月25日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2017-18241) 2018年03月23日
Nessusの脆弱性(CVE-2018-1141) 2018年03月21日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-8822) 2018年03月21日
NetworkManagerの脆弱性(CVE-2018-1000135) 2018年03月21日
SQLiteの脆弱性情報(CVE-2018-8740) 2018年03月19日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-1068) 2018年03月19日
kubernetesに複数の脆弱性(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102) 2018年03月16日
最新の記事 - もっと...