現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Linux Kernel 等の脆弱性(CVE-2018-8897, CVE-2018-1087)

Linux Kernel 等の脆弱性(CVE-2018-8897, CVE-2018-1087)

05/08/2018に発表された"System Programming Guide of the Intel 64 and IA-32 Architectures Software Developer's Manual (SDM) "でのステートメントが、殆ど全てのOSのkernel開発で誤って処理されていたという問題です。ほとんどすべてのOSに影響があるという脆弱性になりますので、今回はこれを見ていきます。

本サイトは05/22/2018に新サイト(https://tech-lab.sios.jp/)に移行します。本サイト内ではしばらく更新はなされません。ブックマーク等を貼られている方はご注意ください。


こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

05/08/2018に発表されたSystem Programming Guide of the Intel 64 and IA-32 Architectures Software Developer's Manual (SDM) でのステートメントが、殆ど全てのOSのkernel開発で誤って処理されていたという問題です。ほとんどすべてのOSに影響があるという脆弱性になります。

情報が未だ錯綜していますので、逐次情報は更新していく予定です。


(※) 05/10 Microsoftの情報を追記しました。

(※) 05/11 SuSE、FreeBSD、DragonFly BSD、MacOSの情報、一次情報源を追記しました。



Priority

Important(CVE-2018-1087), Moderate(CVE-2018-8897)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。


主なディストリビューションの対応状況

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

2018年05月17日 (木) 15:00から、MKTインターナショナル株式会社 / デジタルアーツ株式会社 / 日本オラクル株式会社 / サイオステクノロジー株式会社で連携してセミナーを開催します。

日本オラクル社からは、 MySQL Global Business Unit Sales Consulting Senior Managerの梶山 隆輔をお招きし、MySQLデータベースのセキュリティソリューションについてお話を頂きます。

https://sios.secure.force.com/webform/SeminarDetail?id=701100000012NsIAAUがプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン