現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / kubernetesに複数の脆弱性(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102)

kubernetesに複数の脆弱性(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102)

3/14/2018にkubernetesに複数の脆弱性情報(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

3/14/2018にkubernetesに複数の脆弱性情報(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102)が公開されています。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Important(CVE-2017-1002101)/Moderate(CVE-2017-1000122)

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-1002101
    • ホストのファイルシステムを含むボリュームへのアクセスの可能性

    • 重要度 - Important

    • 影響を受けるバージョン :

      • Kubernetes 1.3.x-1.6.x

      • Kubernetes 1.7.0-1.7.13

      • Kubernetes 1.8.0-1.8.8

      • Kubernetes 1.9.0-1.9.3

    • 特別に細工されたpod specと悪意のあるコンテナにより、podに記載された外部ボリュームの任意のファイルにread/writeのアクセスが可能になります。任意のボリュームタイプ、空のディレクトリに対して非特権のpodでアクセスが遂行されます。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2017-1002102
    • nodeが動作しているホストの任意のファイルの可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 影響を受けるバージョン :

      • Kubernetes 1.3.x-1.6.x

      • Kubernetes 1.7.0-1.7.13

      • Kubernetes 1.8.0-1.8.8

      • Kubernetes 1.9.0-1.9.3

    • secret, configMap, downwardAPI, 或いはprojectedのボリュームを使うpodを悪意のあるコンテナから動作させることで、Kubeletにホストのファイルシステムの任意のディレクトリ又はファイルを削除されてしまう可能性が有ります。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

セキュリティ系連載案内

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
GlusterFSの脆弱性(CVE-2018-1088) 2018年04月19日
MySQLの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Apr 2018) 2018年04月19日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Apr 2018) 2018年04月18日
Linux Kernelの脆弱性 (CVE-2018-10124) 2018年04月17日
OpenSSLの脆弱性情報 ( CVE-2018-0737 : Low) 2018年04月17日
GNU Patchの脆弱性(CVE-2018-1000156) 2018年04月08日
GnuPGの脆弱性(CVE-2018-9234) 2018年04月05日
Rubyに複数の脆弱性(CVE-2018-6914, CVE-2018-8777, CVE-2018-8778, CVE-2018-8779, CVE-2018-8780) 2018年04月04日
Linux Kernelの複数の脆弱性(CVE-2018-1092, CVE-2018-1093, CVE-2018-1094, CVE-2018-1095) 2018年04月02日
Apache Struts2の脆弱性(S2-056 : CVE-2018-1327) 2018年03月28日
OpenSSLの脆弱性 ( CVE-2018-0739, CVE-2018-0733 ) 2018年03月28日
Apache HTTP Serverに複数の脆弱性(CVE-2017-15710,CVE-2017-15715,CVE-2018-1283,CVE-2018-1301,CVE-2018-1302,CVE-2018-1303,CVE-2018-1312) 2018年03月25日
rsyslog librelpの脆弱性(CVE-2018-1000140) 2018年03月25日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2017-18241) 2018年03月23日
Nessusの脆弱性(CVE-2018-1141) 2018年03月21日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-8822) 2018年03月21日
NetworkManagerの脆弱性(CVE-2018-1000135) 2018年03月21日
SQLiteの脆弱性情報(CVE-2018-8740) 2018年03月19日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-1068) 2018年03月19日
kubernetesに複数の脆弱性(CVE-2017-1002101, CVE-2017-1002102) 2018年03月16日
最新の記事 - もっと...