現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Nessusの脆弱性(CVE-2017-7849, CVE-2017-7850)

Nessusの脆弱性(CVE-2017-7849, CVE-2017-7850)

04/13/2017にNessusの脆弱性情報(CVE-2017-7849, CVE-2017-7850)が公開されました。OSSでは無いですが、広く使われているセキュリティ製品のため、今回はこの脆弱性の概要と対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

04/13/2017にNessusの脆弱性情報(CVE-2017-7849, CVE-2017-7850)が公開されました。OSSでは無いですが、広く使われているセキュリティ製品のため、今回はこの脆弱性の概要と対応について簡単にまとめてみます。




Priority

High

修正方法

提供元の情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2017-7849
    • ローカルユーザによるDoSの可能性

    • Nessus 6.10.4までのバージョンでエージェントを停止(DoS)させることが可能です。

  • CVE-2017-7850
    • ローカルユーザによる特権昇格の可能性

    • Nessus 6.10.4までのバージョンでローカルユーザが特権に昇格することが可能です。


対処方法

提供元の案内に従い、Nessusのバージョンを更新して下さい。詳細は、提供元にご確認ください

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン