現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / OpenIDMに複数の脆弱性情報(CVE-2017-7589, CVE-2017-7590, CVE-2017-7591)

OpenIDMに複数の脆弱性情報(CVE-2017-7589, CVE-2017-7590, CVE-2017-7591)

04/08/2017にOpenIDMに複数の脆弱性情報(CVE-2017-7589, CVE-2017-7590, CVE-2017-7591)が公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

04/08/2017にOpenIDMに複数の脆弱性情報(CVE-2017-7589, CVE-2017-7590, CVE-2017-7591)が公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要について簡単にまとめてみます。




Priority

Medium

修正方法

開発元の情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • CVE-2017-7589
    • 情報漏えいの可能性

    • OpenIDMの4.0.0から4.5.0までのbin/defaults/script/info/login.jsスクリプトに問題が見つかり、Info Endpointででセンシティブな情報が漏洩する可能性が有ります。

  • CVE-2017-7590, CVE-2017-7591
    • XSSの可能性

    • OpenIDMの4.0.0から4.5.0までで、Admin UIにXSSアタックをしかけられる可能性が有ります。


対応方法

詳細は、提供元にご確認ください

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン