現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / OpenStack Mitakaのセキュリティについて(4) 最終回

OpenStack Mitakaのセキュリティについて(4) 最終回

今回は、Mitakaで変更されたセキュリティの中で、残りのneutronとcinderの変更部分について説明したいと思います。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

数回に分けて、Mitakaで変更されたセキュリティについて、各コンポーネントごとに見ています。

今回は、Mitakaで変更されたセキュリティの中で、neutronとcinderの変更部分について説明したいと思います。


neutron: OpenFlowを用いたファイアウォール

Mitakaから、セキュリティグループにOpenFlowを用いたファイアウォールが導入されました。

これにより、OpenVSwitch(OVS)統合ブリッジと各VMとの間にLinuxブリッジデバイス+iptablesルールのコンポーネントを置かずに、直接OVS上のフロートしてOVSエージェントがファイアウォールを実装できるため、スケーラビリティと性能向上につながります。

確認のために、neutronのソースを見てみましょう。

mitakaのneutronの最新版(2016/7/8時点でneutron-8.1.2)のソースをダウンロードして展開します。

user@localhost:neutron-8.1.2/neutron/agent/linux$ ls
__init__.py          interface.py          iptables_firewall.py  polling.py
async_process.py     ip_conntrack.py       iptables_manager.py   ra.py
bridge_lib.py        ip_lib.py             keepalived.py         tc_lib.py
daemon.py            ip_link_support.py    openvswitch_firewall  utils.py
dhcp.py              ip_monitor.py         ovsdb_monitor.py
dibbler.py           ipset_manager.py      pd.py
external_process.py  iptables_comments.py  pd_driver.py

今までのfirewallはiptablesベース(agent/linux/iptables_firewall.py)でしたが、今後はOpenvSwitchベース(agent/linux/openvswitch_firewall)も使用可能になります。

Open vSwitchベースのファイアウォールの情報に関しては、こちらに詳しく載っています。


cinder: NetAppドライバでのiSCSI CHAP 単方向認証の追加

iSCSIデバイスでは、ターゲットが接続要求してきたホストの身元を確認するため、CHAPプロトコルを用いてイニシエータを認証します。

この認証にも、二つの方式が有ります。

  • 「単方向認証」では、ターゲットがイニシエータの身元を認証します。

  • 「双方向認証」では、イニシエータがターゲットの身元を認証し、更にターゲットもイニシエータの身元を認証します。

  • Mitakaのcinderでは、NetAppドライバで、iSCSI CHAP単方向認証が追加されました。

    これにより、iSCSIデバイスが接続要求ホストの確認が出来るため、よりセキュアな環境を築くことが可能になります。


まとめ

ここまで4回に渡って、Mitakaで拡張されたセキュリティを簡単に見てきました。

既にopenstackコミュニティではnewtonに向けての各コンポーネントのリリースが始まっています。またnewtonがリリースされたタイミングで、セキュリティの変更について見ていきたいと思います。

その他のopenstack情報(主にセキュリティに関して)も、逐次公開していきたいと思います。

また、SIOSではOpenStackのPoC支援のサポートメニュー提供を開始しています。

OpenStackに関しての導入を検討されている方は、是非こちらもご活用頂ければと思います。


[参考]

openstack mitaka

OpenStack Releases; Mitaka

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン