現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / OpenStack Mitakaのセキュリティについて(4) 最終回

OpenStack Mitakaのセキュリティについて(4) 最終回

今回は、Mitakaで変更されたセキュリティの中で、残りのneutronとcinderの変更部分について説明したいと思います。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

数回に分けて、Mitakaで変更されたセキュリティについて、各コンポーネントごとに見ています。

今回は、Mitakaで変更されたセキュリティの中で、neutronとcinderの変更部分について説明したいと思います。


neutron: OpenFlowを用いたファイアウォール

Mitakaから、セキュリティグループにOpenFlowを用いたファイアウォールが導入されました。

これにより、OpenVSwitch(OVS)統合ブリッジと各VMとの間にLinuxブリッジデバイス+iptablesルールのコンポーネントを置かずに、直接OVS上のフロートしてOVSエージェントがファイアウォールを実装できるため、スケーラビリティと性能向上につながります。

確認のために、neutronのソースを見てみましょう。

mitakaのneutronの最新版(2016/7/8時点でneutron-8.1.2)のソースをダウンロードして展開します。

user@localhost:neutron-8.1.2/neutron/agent/linux$ ls
__init__.py          interface.py          iptables_firewall.py  polling.py
async_process.py     ip_conntrack.py       iptables_manager.py   ra.py
bridge_lib.py        ip_lib.py             keepalived.py         tc_lib.py
daemon.py            ip_link_support.py    openvswitch_firewall  utils.py
dhcp.py              ip_monitor.py         ovsdb_monitor.py
dibbler.py           ipset_manager.py      pd.py
external_process.py  iptables_comments.py  pd_driver.py

今までのfirewallはiptablesベース(agent/linux/iptables_firewall.py)でしたが、今後はOpenvSwitchベース(agent/linux/openvswitch_firewall)も使用可能になります。

Open vSwitchベースのファイアウォールの情報に関しては、こちらに詳しく載っています。


cinder: NetAppドライバでのiSCSI CHAP 単方向認証の追加

iSCSIデバイスでは、ターゲットが接続要求してきたホストの身元を確認するため、CHAPプロトコルを用いてイニシエータを認証します。

この認証にも、二つの方式が有ります。

  • 「単方向認証」では、ターゲットがイニシエータの身元を認証します。

  • 「双方向認証」では、イニシエータがターゲットの身元を認証し、更にターゲットもイニシエータの身元を認証します。

  • Mitakaのcinderでは、NetAppドライバで、iSCSI CHAP単方向認証が追加されました。

    これにより、iSCSIデバイスが接続要求ホストの確認が出来るため、よりセキュアな環境を築くことが可能になります。


まとめ

ここまで4回に渡って、Mitakaで拡張されたセキュリティを簡単に見てきました。

既にopenstackコミュニティではnewtonに向けての各コンポーネントのリリースが始まっています。またnewtonがリリースされたタイミングで、セキュリティの変更について見ていきたいと思います。

その他のopenstack情報(主にセキュリティに関して)も、逐次公開していきたいと思います。

また、SIOSではOpenStackのPoC支援のサポートメニュー提供を開始しています。

OpenStackに関しての導入を検討されている方は、是非こちらもご活用頂ければと思います。


[参考]

openstack mitaka

OpenStack Releases; Mitaka

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
Sambaに共有以外のファイルにアクセスされる脆弱性(CVE-2017-2619) 2017年03月24日
Subscription-managerの脆弱性( CVE-2017-2663 ) 2017年03月22日
binutilsに複数の脆弱性( CVE-2017-6965, CVE-2017-6966, CVE-2017-6969, CVE-2017-7209 , CVE-2017-7210 , CVE-2017-7223, CVE-2017-7224, CVE-2017-7225, CVE-2017-7226, CVE-2017-7227 ) 2017年03月22日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-7187 ) 2017年03月21日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6353 , CVE-2017-5986 ) 2017年03月21日
Ubuntu 16.10のkernelの脆弱性( CVE-2017-7184 ) 2017年03月20日
pcreの脆弱性( CVE-2017-7186 ) 2017年03月20日
binutilsの脆弱性( CVE-2017-6965 , CVE-2017-6966 , CVE-2017-6969 ) 2017年03月19日
MySQL(MariaDB) 5.5/5.6のmysql clientの脆弱性( Riddle : CVE-2017-3305 ) 2017年03月18日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6951 ) 2017年03月17日
Apache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 ) 2017年03月15日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6874 ) 2017年03月15日
tomcatに情報漏えいの脆弱性( CVE-2016-8747 ) 2017年03月14日
QEMUの脆弱性( CVE-2016-9603 ) (Xen: XSA-211) 2017年03月14日
lxcの脆弱性(CVE-2017-5985) 2017年03月10日
wgetの脆弱性(CVE-2017-6508) 2017年03月08日
linux kernelに特権昇格の脆弱性( CVE-2017-2636 ) 2017年03月08日
( PoC ) linux kernel特権昇格脆弱性( CVE-2017-6074 ) の暫定回避策の確認 2017年03月06日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-9083 , CVE-2016-9084 ) 2017年03月03日
linux kernelに複数の脆弱性( CVE-2017-6345 , CVE-2017-6346 , CVE-2017-6347 , CVE-2017-6348 ) 2017年03月01日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part4) 2017年02月28日
util-linux / coreutils の脆弱性(CVE-2017-2616) 2017年02月24日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6214 ) 2017年02月24日
linux kernelに特権昇格の脆弱性( CVE-2017-6074 ) 2017年02月23日
curlの脆弱性 ( CVE-2017-2629 ) 2017年02月22日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2620 ) (Xen: XSA-209) 2017年02月22日
Tomcatの脆弱性 ( CVE-2017-6056 ) 2017年02月21日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part3) 2017年02月21日
OpenSSLの脆弱性 ( CVE-2017-3733 ) 2017年02月16日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-6001 , (was CVE-2016-6786) ) 2017年02月16日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2630 ) 2017年02月15日
glibcの脆弱性(CVE-2015-8982, CVE-2015-8983, CVE-2015-8984) 2017年02月15日
vimの脆弱性 ( CVE-2017-5953 ) 2017年02月14日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - January 2017) 2017年02月14日
libxml2の脆弱性(CVE-2017-5969) 2017年02月13日
「linux kernel-4.9」でのLSMモジュールについて 2017年02月13日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-5970 ) 2017年02月13日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-8636 ) 2017年02月12日
bind 9 に設定依存の脆弱性 ( CVE-2017-3135 ) 2017年02月09日
bashの自動補完機能の脆弱性( CVE-2017-5932 ) 2017年02月08日
spiceの脆弱性( CVE-2016-9577 , CVE-2016-9578 ) 2017年02月08日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-5898 ) 2017年02月08日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-5897 ) 2017年02月08日
linux kernelの脆弱性( CVE-2016-10208 ) 2017年02月06日
ntfs-3gの脆弱性(CVE-2017-0358) 2017年02月02日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-2615 ) 2017年02月02日
tcpdumpに複数の脆弱性(CVE-2016-7922 等) 2017年01月30日
libgdに複数の脆弱性情報 (CVE-2016-9317, CVE-2016-6912, CVE-2016-10167, CVE-2016-10168, CVE-2016-10169) 2017年01月29日
OpenSSLに複数の脆弱性 ( CVE-2017-3730 , CVE-2017-3731 , CVE-2017-3732 ) 2017年01月27日
RunCに関しての脆弱性( CVE-2016-9962 )のPoCとSELinuxによるリスクの軽減 2017年01月26日
systemdの重要な脆弱性( CVE-2016-10156 ) 2017年01月25日
linux kernelの複数の脆弱性( CVE-2016-10153, CVE-2016-10154, CVE-2017-5547, CVE-2017-5548, CVE-2017-5549, CVE-2017-5550, CVE-2017-5551) 2017年01月25日
Katello/Foremanによる運用管理 (Part2) 2017年01月24日
linux kernel(KVMを有効にしている場合)で複数の脆弱性( CVE-2016-10150, CVE-2017-2583 ) 2017年01月21日
OpenSCAP 1.2.13のリリース情報 2017年01月16日
Oracle Javaの脆弱性(CVE-2016-5542, CVE-2016-5554, CVE-2016-5582, CVE-2016-5597, CVE-2016-5573) 2017年01月13日
bind に複数の脆弱性 ( CVE-2016-9131 , CVE-2016-9147 , CVE-2016-9444 , CVE-2016-9778 ) 2017年01月12日
Dockerに特権昇格の脆弱性 ( CVE-2016-9962 ) 2017年01月11日
GnuTLS の 脆弱性 (GNUTLS-SA-2017-1 : CVE-2017-5334 , GNUTLS-SA-2017-2 : CVE-2017-5335 , CVE-2017-5336 , CVE-2017-5337 ) 2017年01月11日
OpenSSLの脆弱性(CVE-2016-7056 ) 2017年01月11日
最新の記事 - もっと...