現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / PostgreSQLに複数の脆弱性(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053)

PostgreSQLに複数の脆弱性(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053)

02/09/2018にPostgreSQLに複数の脆弱性情報(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053)とアップデートが公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

02/09/2018にPostgreSQLに複数の脆弱性情報(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053)とアップデートが公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1052
    • テーブルパーティショニングでのメモリ情報の漏洩

    • 重要度 - Moderate

    • 対象バージョン - 10.2より前のPostgreSQL 10.x

    • 10.2より前のPostgreSQL 10.xでは、認証された攻撃者がパーティショニングされたテーブルに対して特別に細工したinsertを行うことにより、サーバメモリから任意のバイトを読み出すことが可能です。

  • http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2018-1053
    • "pg_dumpall -g"出力結果の読み取り又は改竄の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 対象バージョン - 9.3.21より前の9.3.x/9.4.16より前の9.4.x/9.5.11より前の9.5.x/9.6.7より前の9.6.x/10.2より前の10.x

    • 9.3.x/9.4.x/9.5.x/9.6.x/10.xの以前のバージョンでは、pg_upgradeがcwdに `pg_dumpall -g` の出力結果を、実行したユーザのumaskを用いて保存していました。これにより、認証された攻撃者が、この(暗号化されてるかもしれないですが)データベースのパスワードを含むファイルを、読み取ったり変更することが出来る可能性があります。実際に実行したディレクトリが攻撃者による検索などの行為をブロックするようなモードになっている場合には、攻撃は実行不可能です。



対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

Red Hat Satelliteを用いた一般的なErattaの適用は、『Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる』を 参考にして下さい。

また、関連するサービスの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

https://www.postgresql.org/about/news/1829/

セキュリティ系連載案内


セミナー情報

著者が所属しているOSSセキュリティ技術の会では、02/23/(金)に「3コマ連続 [セキュリティトラック] OSSと脆弱性管理」と題して、OSSの利用と脆弱性管理に関しての、パネルディスカッションを含めたセッションを行います。

https://www.ospn.jp/osc2018-spring/modules/eguide/event.php?eid=49がプログラム内容の詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
LibVNCServerの脆弱性(CVE-2018-7225) 2018年02月21日
PostgreSQLに複数の脆弱性(CVE-2018-1052, CVE-2018-1053) 2018年02月10日
eximの脆弱性(CVE-2018-6789) 2018年02月09日
glibcの脆弱性(CVE-2018-6551) 2018年02月05日
glibcの脆弱性(CVE-2018-6485) 2018年02月02日
Linux Kernelに複数の脆弱性(CVE-2017-16911, CVE-2017-16912, CVE-2017-16913, CVE-2017-16914) 2018年02月02日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2018-6412) 2018年02月01日
systemdの脆弱性(CVE-2017-18078) 2018年01月30日
Squidに複数の脆弱性(CVE-2018-1000024, CVE-2018-1000027) 2018年01月30日
curlの複数の脆弱性(CVE-2018-1000005, CVE-2018-1000007) 2018年01月29日
週末(1/27,1/28)の更新情報と、先週(1/22-1/26)の更新情報一覧 2018年01月29日
ClamAV 0.99.3のリリースと、複数の脆弱性(CVE-2017-12374, CVE-2017-12375, CVE-2017-12376, CVE-2017-12377, CVE-2017-12378, CVE-2017-12379, CVE-2017-12380) 2018年01月28日
dnsmasqの脆弱性(CVE-2017-15107) 2018年01月28日
unboundの脆弱性(CVE-2017-15105) 2018年01月27日
389-ds-baseの脆弱性(CVE-2017-15134, CVE-2017-15135) 2018年01月26日
libtasn1の脆弱性(CVE-2018-6003) 2018年01月26日
systemdの脆弱性(CVE-2018-1049) 2018年01月26日
rsyncの脆弱性(CVE-2018-5764) 2018年01月22日
MySQLの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Jan 2018) 2018年01月18日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - Jan 2018) 2018年01月18日
最新の記事 - もっと...