現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / QEMUの脆弱性(Virtio GPU : CVE-2016-7994 / USB EHCI: CVE-2016-7995 )

QEMUの脆弱性(Virtio GPU : CVE-2016-7994 / USB EHCI: CVE-2016-7995 )

QEMUに複数の脆弱性(Virtio GPU : CVE-2016-7994 / USB EHCI: CVE-2016-7995 )が出ています。今回は、この脆弱性と、各ディストリビューションの対応についてまとめてみます。対応状況などは逐次更新します。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面です。

10/9に、QEMUの脆弱性についての情報が出ています。KVMやXenにも関わってきますので、今回は、この脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。



関連するCVE

CVE-2016-7994

CVE-2016-7995

Priority

Low

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

    CVE-2016-7994

    • Virtio GPUをサポートしているQEMU上で、悪意のあるゲストOS管理者による、ホストOSへのメモリ使い果たしのDoS攻撃の能性

    • 重要度 - 低

    • Virtio GPUサポートでビルとされているQEMUにメモリリークの脆弱性が存在します。virtio GPUコマンド"VIRTIO_GPU_CMD_RESOURCE_CREATE_2D"を実行している際に発生します。これにより、悪意のあるゲストOSの管理者がホストOSに対してDoS攻撃を行うことが可能になります。

    CVE-2016-7995

    • 悪意のあるゲストOS管理者による、USB EHCIエミュレーションの脆弱性を突いたホストOSへのDoSの能性

    • 重要度 - 低

    • USB EHCIエミュレーションにメモリリークのフローが存在します。アイソクロナス転送記述子を処理する際に、バッファーページ選択インデックス(PG)がバッファーページアリアを超えてしまう可能性が有ります。これにより、悪意のあるゲストOSの管理者がホストOSに対してDoS攻撃を行うことが可能になります。


主なディストリビューションの対応方法

virtioや仮想化に関するパッケージのバージョンを更新する必要があります。

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。全てのRed Hat製品でパッチが行き渡っているかを確認するには、Red Hat Satelliteを使うと管理が便利でしょう。

また、ホストOSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

Re: [Qemu-devel] [PATCH] virtio-gpu: fix memory leak in virtio_gpu_resou

Re: [Qemu-devel] [PATCH] usb: ehci: fix memory leak in ehci_process_itd

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
Ansibleに複数の脆弱性(CVE-2017-7466, CVE-2017-7473, CVE-2017-7481) 2017年07月24日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - July 2017) 2017年07月21日
MySQLの脆弱性情報(Oracle Critical Patch Update Advisory Jul) 2017年07月21日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2017-11472, CVE-2017-11473) 2017年07月21日
wiresharkに複数の脆弱性(CVE-2017-11406, CVE-2017-11407, CVE-2017-11408, CVE-2017-11409, CVE-2017-11410, CVE-2017-11411 ) 2017年07月20日
FreeRADIUSに複数の脆弱性 ( CVE-2017-10978, CVE-2017-10979, CVE-2017-10980, CVE-2017-10981, CVE-2017-10982, CVE-2017-10983, CVE-2017-10984, CVE-2017-10985, CVE-2017-10986, CVE-2017-10987, CVE-2017-10988 ) 2017年07月18日
PHPの脆弱性( CVE-2017-11362 ) 2017年07月17日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-11334 ) 2017年07月17日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-11176 ) 2017年07月16日
Apache httpd に複数の脆弱性 ( CVE-2017-9788, CVE-2017-9789 ) 2017年07月14日
Sambaに権限昇格の脆弱性(CVE-2017-11103) 2017年07月13日
PHPに複数の脆弱性(CVE-2017-11142, CVE-2017-11143, CVE-2017-11144, CVE-2017-11145, CVE-2017-11146, CVE-2017-11147, CVE-2016-10397) 2017年07月11日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-9524 ) 2017年07月09日
Xenの脆弱性 ( XSA-216, XSA-217, XSA-218, XSA-219, XSA-220, XSA-221, XSA-222, XSA-223, XSA-224, XSA-225) 2017年07月09日
ncursesに関しての複数の脆弱性(CVE-2017-11112, CVE-2017-11113) 2017年07月09日
systemdの脆弱性( CVE-2017-1000082 ) 2017年07月09日
libgcryptの脆弱性( CVE-2017-7526 ) 2017年07月06日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-8797 ) 2017年07月03日
bind 9 に複数の脆弱性 ( CVE-2017-3142 , CVE-2017-3143 ) 2017年06月30日
systemd-resolvedの脆弱性(CVE-2017-9445) 2017年06月29日
最新の記事 - もっと...