現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Apache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 )

Apache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 )

03/06/2017にApache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 )が報告されたことは既に様々なメディアで報告されていますので、皆様ご存知だと思います。また、実際に攻撃も確認されており、JETROなどの複数の組織で実際に情報流出などの被害が出ています。 今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションから出ている情報について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

03/06/2017にApache Struts2の脆弱性 ( CVE-2017-5638 )が報告されたことは既に様々なメディアで報告されていますので、皆様ご存知だと思います。

また、実際に攻撃も確認されており、JETROなどの複数の組織で実際に情報流出などの被害が出ています。

今回はこの脆弱性の概要と、各ディストリビューションから出ている情報について簡単にまとめてみます。




Priority

Critical

修正方法

Strutsを最新のものに更新して下さい。多くのディストリビューションはstrutsパッケージを用意していません。そのため、一般的な情報と照らし合わせて、導入したベンダー・担当などと適切に確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • S2-045 (CVE-2017-5638)
    • サーバでの任意のコード実行の可能性

    • 重要度 - Critical

    • 「Jakarta Multipart parser」のファイルアップロード処理の問題により、リモートで任意のコードが実行される可能性があります。



対処方法

各情報を入手して検討し、適切にアップデートを行ってください。

[参考]

https://cwiki.apache.org/confluence/display/WW/S2-045

Apache Struts2 の脆弱性対策情報一覧 (IPA)

Apache Struts Vulnerability (CVE-2017-5638) Exploit Traffic (03/09/2017)

OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン