現在位置: ホーム / セキュリティ ブログ / Xenの脆弱性 ( XSA-216, XSA-217, XSA-218, XSA-219, XSA-220, XSA-221, XSA-222, XSA-223, XSA-224, XSA-225)

Xenの脆弱性 ( XSA-216, XSA-217, XSA-218, XSA-219, XSA-220, XSA-221, XSA-222, XSA-223, XSA-224, XSA-225)

06/20/2017にXen (x86)に対する複数の脆弱性の情報(XSA-216: CVE-2017-10911 / XSA-217: CVE-2017-10912 / XSA-218: CVE-2017-10913, CVE-2017-10914 / XSA-219: CVE-2017-10915 / XSA-220: CVE-2017-10916 / XSA-221: CVE-2017-10917 / XSA-222: CVE-2017-10918 / XSA-223: CVE-2017-10919 / XSA-224: CVE-2017-10920, CVE-2017-10921, CVE-2017-10922 / XSA-225: CVE-2017-10923)が公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。

こんにちは。SIOS OSSエバンジェリスト/セキュリティ担当の面 和毅です。

06/20/2017にXen (x86)に対する複数の脆弱性の情報(XSA-216: CVE-2017-10911 / XSA-217: CVE-2017-10912 / XSA-218: CVE-2017-10913, CVE-2017-10914 / XSA-219: CVE-2017-10915 / XSA-220: CVE-2017-10916 / XSA-221: CVE-2017-10917 / XSA-222: CVE-2017-10918 / XSA-223: CVE-2017-10919 / XSA-224: CVE-2017-10920, CVE-2017-10921, CVE-2017-10922 / XSA-225: CVE-2017-10923)が公開されました。今回はこれらの脆弱性の概要と、各ディストリビューションの対応について簡単にまとめてみます。




Priority

Important/Moderate

修正方法

各ディストリビューションの情報を確認してください。

CVE概要(詳細はCVEのサイトをご確認ください)

  • XSA-216: CVE-2017-10911
    • ゲストOSユーザによる、ホストOS(または他のゲストOS)のメモリ内の機密情報取得の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • linux kernel 4.11.8までのdrivers/block/xen-blkback/blkback.c中のmake_response()関数に問題が有り、Xenブロックインターフェイス レスポンス構造体中の、初期化されていないパディングフィールドをコピーして利用することにより、ゲストOSがホストOS(或いは他のゲストOS)のカーネルメモリ中の機密情報を取得される可能性が有ります。

  • XSA-217: CVE-2017-10912
    • ゲストOSユーザによるホストOS上の特権取得の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenでpage転送の処理に問題が有り、ゲストOS上のユーザがホストOS上の特権を取得できる可能性が有ります。

  • XSA-218(1): CVE-2017-10913
    • バックエンドの攻撃者による機密情報の取得や特権昇格の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのgrant-table機能には並列でunmap呼び出しが行われた際に誤ったマッピング情報を提供するため、これによりバックエンドの攻撃者は機密情報の取得や特権昇格の可能性が有ります。

  • XSA-218(2): CVE-2017-10914
    • ゲストOSのユーザによるDoS(memory corruption)や機密情報の取得、特権昇格の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのgrant-table機能には二重開放による競合状態が引き起こされる可能性があるため、これによりゲストOSのユーザによるDoS(memory corruption)や機密情報の取得、特権昇格の可能性が有ります。

  • XSA-219: CVE-2017-10915
    • ゲストOSのユーザによるXen特権の取得の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのshadow-ページング機能にページリファレンスの管理ミスが有りによる競合状態が発生し、これによりゲストOSのユーザによるXen特権の取得の可能性が有ります。

  • XSA-220: CVE-2017-10916
    • ゲストOSユーザによるASLR等の保護メカニズムの無効化の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのvCPUコンテキストスイッチの実装で、Memory Protection Extensions(MPX)とProductio Key(PKU)機能に問題が有り、ASLゲストOSユーザによるASLR等の保護メカニズムの無効化が行われる可能性が有ります。

  • XSA-221: CVE-2017-10917
    • ゲストOSユーザによるDoS(NULLポインタディリファレンスとホストOSのクラッシュ)や機密情報取得の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenでは、Pollしたイベントチャネルポートの検証を行っていないため、これを利用してゲストOSのユーザがDoS(NULLポインタディリファレンスとホストOSのクラッシ>ュ)や機密情報取得を行える可能性が有ります。

  • XSA-222: CVE-2017-10918
    • ゲストOSユーザによるホストOSへのアクセス特権取得の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenでは、P2M操作を行っている際のメモリアロケーションの確認が行われておらず、これによりゲストOSユーザがホストOSへのアクセス特権を取得できる可能性があります。

  • XSA-223: CVE-2017-10919
    • ゲストOSユーザによるDoS(ハイパーバイザーのクラッシュ)の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 4.8.xまでのXenでは、仮想割り込み操作に問題が有り、これによりゲストOSユーザがDoS(ハイパーバイザーのクラッシュ)を引き起こせる可能性があります。

  • XSA-224(1): CVE-2017-10920
    • ゲストOSのユーザによるDoS(count mismanagementとmemory corruption)や、ホストOSアクセスの特権を取得される可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのgrant-table機能は、GNTMAP_host_mapのアンマッピングだけが続く場合の、GNTMAP_device_mapとGNTMAP_host_mapの処理が適切でなく、これによりゲストOSのユーザによるDoS(count mismanagementとmemory corruption)や、ホストOSアクセスの特権を取得される可能性が有ります。

  • XSA-224(2): CVE-2017-10921
    • ゲストOSのユーザによるDoS(count mismanagementとmemory corruption)や、ホストOSアクセスの特権を取得される可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのgrant-table機能は、GNTMAP_device_mapとGNTMAP_host_mapに充分なカウントタイプが保証されていないため、これによりゲストOSのユーザによるDoS(count mismanagementとmemory corruption)や、ホストOSアクセスの特権を取得される可能性が有ります。

  • XSA-224(3): CVE-2017-10922
    • ゲストOSのユーザによるDoS(loss of grant trackability)の可能性

    • 重要度 - Important

    • 4.8.xまでのXenのgrant-table機能は、MMIO領域にリファレンスを与える機能が適切でないため、これによりゲストOSのユーザによるDoS(loss of grant trackability)の可能性が有ります。

  • XSA-225: CVE-2017-10923
    • ゲストOSのユーザによるDoS(ハイパーバイザーのクラッシュ)の可能性

    • 重要度 - Moderate

    • 4.8.xまでのXenでは、SGIを送信する際にvCPUアレイインデックスの検証を行わないため、これによりゲストOSのユーザによるDoS(ハイパーバイザーのクラッシュ)の可能性が有ります。


主なディストリビューションの対応方法

詳細は、各ディストリビューションの提供元にご確認ください


対処方法

各ディストリビューションの案内に従い、アップデートを行ってください。

また、OSの再起動が発生しますので、pacemakerなどOSSのクラスタ製品LifeKeeperなどの商用のクラスタリング製品を使うとサービス断の時間を最小限にすることが出来ます。

[参考]

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-216.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-217.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-218.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-219.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-220.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-221.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-222.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-223.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-224.html

https://xenbits.xen.org/xsa/advisory-225.html


講演内容募集案内

2017年10月21日-22日まで開催されるopenSUSE.Asia Summit 2017 Tokyoの講演内容募集(CFP)が始まりました。

https://news.opensuse.org/2017/07/07/opensuse-asia-summit-2017-tokyo-call-for-proposals-is-open/

講演募集の締切は8/14(月)で、日本語でも講演は可能です。

セキュリティに関してのトピックは

 
  • FLOSS Security

    • Access/Integrity control (e.g., AppArmor, IMA, Audit)

    • Cryptography

    • Vulnerability management

となってます。御応募を是非お願い致します。

セミナー情報

7/27(水)に「OSSセキュリティナイターvol.6」と題して、セキュリティのセミナーを行います。この回では、『SELinuxの現状とLinuxセキュリティ』と題してSELinuxの最新動向から実際の効果を、デモを交えて説明致します。

今回も、前回に引き続き、ゲスト講師をお招きし講演をいただきます。

https://connpass.com/event/61395/がプログラム内容と申し込みの詳細になりますので、是非お申し込み下さい。

OSSに関するお困りごとは サイオス OSSよろず相談室まで

サイオスOSSよろず相談室 では、OSSを利用する中で発生する問題に対し、長年培ってきた技術力・サポート力をもって企業のOSS活用を強力に支援します。Red Hat Enterprise Linux のほか、CentOS をご利用されている環境でのサポートも提供いたします。

タグ:
OSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(2)

問い合わせボタン

最新の記事
Ansibleに複数の脆弱性(CVE-2017-7466, CVE-2017-7473, CVE-2017-7481) 2017年07月24日
Oracle Javaの脆弱性(Oracle Critical Patch Update Advisory - July 2017) 2017年07月21日
MySQLの脆弱性情報(Oracle Critical Patch Update Advisory Jul) 2017年07月21日
Linux Kernelの脆弱性(CVE-2017-11472, CVE-2017-11473) 2017年07月21日
wiresharkに複数の脆弱性(CVE-2017-11406, CVE-2017-11407, CVE-2017-11408, CVE-2017-11409, CVE-2017-11410, CVE-2017-11411 ) 2017年07月20日
FreeRADIUSに複数の脆弱性 ( CVE-2017-10978, CVE-2017-10979, CVE-2017-10980, CVE-2017-10981, CVE-2017-10982, CVE-2017-10983, CVE-2017-10984, CVE-2017-10985, CVE-2017-10986, CVE-2017-10987, CVE-2017-10988 ) 2017年07月18日
PHPの脆弱性( CVE-2017-11362 ) 2017年07月17日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-11334 ) 2017年07月17日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-11176 ) 2017年07月16日
Apache httpd に複数の脆弱性 ( CVE-2017-9788, CVE-2017-9789 ) 2017年07月14日
Sambaに権限昇格の脆弱性(CVE-2017-11103) 2017年07月13日
PHPに複数の脆弱性(CVE-2017-11142, CVE-2017-11143, CVE-2017-11144, CVE-2017-11145, CVE-2017-11146, CVE-2017-11147, CVE-2016-10397) 2017年07月11日
QEMUの脆弱性( CVE-2017-9524 ) 2017年07月09日
Xenの脆弱性 ( XSA-216, XSA-217, XSA-218, XSA-219, XSA-220, XSA-221, XSA-222, XSA-223, XSA-224, XSA-225) 2017年07月09日
ncursesに関しての複数の脆弱性(CVE-2017-11112, CVE-2017-11113) 2017年07月09日
systemdの脆弱性( CVE-2017-1000082 ) 2017年07月09日
libgcryptの脆弱性( CVE-2017-7526 ) 2017年07月06日
linux kernelの脆弱性( CVE-2017-8797 ) 2017年07月03日
bind 9 に複数の脆弱性 ( CVE-2017-3142 , CVE-2017-3143 ) 2017年06月30日
systemd-resolvedの脆弱性(CVE-2017-9445) 2017年06月29日
最新の記事 - もっと...