現在位置: ホーム / SUSE Ch. / 富士通とSUSE、高信頼なサポートへのニーズに応えるサポートサービス「SUSE Business Critical Linux」を販売開始

富士通とSUSE、高信頼なサポートへのニーズに応えるサポートサービス「SUSE Business Critical Linux」を販売開始

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)とSUSE Limited Liability Company(本社:ドイツ ニュルンベルク、CEO:ニルス・ブラウクマン、以下、SUSE)は、ミッションクリティカル領域で「SUSE Enterprise Linux Server」を利用するお客様に向けて、プレミアムサポートサービス「SUSE Business Critical Linux(注1)」の販売を開始し、今後12か月間にわたり富士通が独占的に提供することで合意しました。 富士通はSUSEを本プレミアムサポートサービスのプリファードLinuxパートナーとして位置づけており、2016年11月に発表したオープンソース製品開発・サポートに関する戦略的協業に基づき、本サポートサービスを提供するものです。

近年、国内外の企業においてLinux OSを採用したシステムの導入が浸透しており、特にインメモリ・データベースのようなアプリケーションが稼働しているミッションクリティカル領域では、より高いレベルのサポートサービスに対するニーズが高まっています。本サービスは、SUSEが提供するエンタープライズ向けLinuxサーバOS「SUSE Linux Enterprise Server」で構築されたお客様のシステムの長期安定稼働ニーズに対応するため、Linux OSのサービスパックごとに従来最長5年までだったサポート期間を最長8年まで拡大しました。これにより、保守コストの最適化と運用スケジュールに沿ったシステム導入や更改を行う事が可能となります。また、システム障害発生時の障害箇所の特定や迅速な復旧を実現するために、富士通とSUSEが共同で信頼性の高い24時間サポート体制を新規に構築することで、お客様へのサポートの強化を図りました。
富士通とSUSEは本サポートサービスを通じて、富士通製のサーバなどのハードを含めたワンストップサービスを提供し、お客様のビジネスリスクの低減や、アプリケーションの24時間稼働、長期的なアプリケーションの安定性、そしてメンテナンススケジュールとコストの最適化を支援します。

【富士通株式会社 プラットフォームソフトウェア事業本部 本部長 田中 克枝のコメント】
「SUSE Business Critical Linux」を、SUSEとの戦略的提携の成果として発表できることを嬉しく思います。本サポートサービスは、ミッションクリティカル領域のシステムに求められる、高信頼でセキュアな環境を提供し、お客様資産の安定稼働を支えることが可能になると確信しています。本サポートサービスの提供を通じて、SUSEと富士通の戦略的協業を一層拡大し、強固なものにしていきます。

【Fujitsu EMEIA Enterprise Platform Services SVP ルパート・レーナーのコメント】
富士通は、このユニークなサービスを世界のお客様に提供できることを誇りに感じています。オープンソースビジネスアプリケーションは急速に進化しており、それに伴い、信頼性だけでなく、柔軟性、高速性、安全性を兼ね備えたサポートサービスへの需要も高まっています。富士通はプリファードLinuxパートナーであるSUSEと共に、最もチャレンジングなビジネス環境に向けたオープンソースベースのソリューションを提供します。本サポートサービスの提供は、SUSEとの戦略的協業を新たなレベルへと導きます。

【SUSE Limited Liability Company, Worldwide Alliance Sales, Vice President フィリップ・コックレルのコメント】
ミッションクリティカルなコンピューティングに対して富士通とSUSEが提供する長期的なサポートは、真の意味で常時利用が可能なオールウェイズオン・ソリューションを求めるお客様にとって朗報です。ミッションクリティカル領域の業務では、今回の共同ソリューションが提供する、パワフルな技術と継続的かつきめ細かなサポートサービスが求められています。

【 販売価格、および提供時期 】
「SUSE Business Critical Linux」は、「SUSE Linux Enterprise Server 12」および「SUSE Linux Enterprise Server 12 High Availability Extension」を利用するお客様に向け、2017年7月より日本国内、およびEMEIA(注2)リージョンから順次グローバルに展開していきます。価格は地域によって異なります。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 注釈 】
(注1) SUSE Business Critical Linux:
「FUJITSU Server PRIMERGY」、「FUJITSU Server PRIMEQUEST」または富士通以外のホストコンピュータなどの物理サーバおよび仮想サーバを含む、「SUSE Enterprise Linux Server」を搭載した全てのx86-64プラットフォームが対象のサポートサービス

(注2) EMEIA:
欧州、中東、インド、アフリカ(Europe, Middle East, India and Africa)リージョンの総称