現在位置: ホーム / SUSE Ch. / SUSE、HPEのOpenStack IaaSおよびCloud Foundry PaaSの技術と人材資産買収を発表

SUSE、HPEのOpenStack IaaSおよびCloud Foundry PaaSの技術と人材資産買収を発表

買収により、SUSEのエンタープライズグレードのソフトウェア定義型インフラストラクチャとアプリケーション・プラットフォームにおける戦略を促進

SUSE®は2016年12月16日、HPE (Hewlett Packard Enterprise)と技術および人材の買収契約を締結し、これにより同社のOpenStack IaaS(Infrastructure-as-a-Service)ソリューションを拡大し、成長著しいCloud Foundry PaaS(Platform-as-a-Service)市場への参入を加速させていくことを発表しました。買収対象となるOpenStack関連資産はSUSE OpenStack Cloudに組み込まれる予定です。一方、Cloud Foundry PaaSの資産買収によって、SUSEエコシステムのすべての顧客企業とパートナーなどを対象に、認証済みのエンタープライズ向けSUSE Cloud Foundry PaaSソリューションを市場に投入できるようになります。さらにHPEは今回の契約により、SUSEをLinux、OpenStack、Cloud Foundryソリューションの優先オープンソース・パートナーに指定することになりました。SUSEは、Cloud Foundry Foundationへの関与も深めており、プラチナメンバーに就任したほか、Cloud Foundry Foundation理事会にも参加しています。

SUSEのCEOであるニルス・ブラウクマン(Nils Brauckmann)は、次のように述べています。「今回の買収決定の背景には、オープンソースのソフトウェア定義型インフラストラクチャ技術において、お客様とパートナーにエンタープライズの価値をお届けするという、SUSEのコミットメントがありました。これ により、SUSEがいかに有機的な成長と技術買収を組み合わせて、ビジネスを構築しているのかがおわかりいただけるはずです。こうした戦略は、市場と全世界のオープンソース・コミュニティにおいてSUSEが積極的に取り組んでいることを、強力なメッセージとして表しているものです。」

IDCのコンピューティング・プラットフォーム部門プログラム・ディレクターであるアシシュ・ナドカーニ(Ashish Nadkarni)氏は、次のように述べています。「今回のパートナーシップ拡大と技術資産の移管は、SUSEとHPE、そして両社の顧客企業にとって、本当の意味でのWin-Winとなる可能性を秘めています。SUSEはこれまで、テクノロジーパートナーとの連携を首尾よく実行し、オープンソースへの投資から最大限のメリットを引き出せることを、幾度にもわたって実証してきました。重要な市場セグメントでの競争に不可欠なリソースを擁する高成長企業として、SUSEは現在、極めて良好なポジションを確立しています。」

今回の取引の一環として、HPEはSUSEを、Linux、OpenStack IaaS、Cloud Foundry PaaSの優先オープンソース・パートナーに指定しました。SUSEがHPEの優先オープンソース・パートナーに選ばれたことで、エンタープライズグレードの高品質なオープンソース・ソリューション/サービスの提供におけるSUSEの評価は、よりいっそう強固なものとなります。

HPEのソフトウェア定義/クラウド・グループ担当のシニアバイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーであるリック・ルイス(Ric Lewis)氏は、次のように述べています。「当社は現在、次世代のハイブリッド型クラウドソリューションの開発を軸として、投資戦略を展開しています。これは、オープンソースとパートナーの技術による広範なエコシステムをHPEのテクノロジーと組み合わせ、従来型のアプリケーションとクラウドネイティブなアプリケーションをサポートするものです。お客様からは、シンプルなハイブリッド型ソリューションを求める声が寄せられています。SUSEとの提携を通じ、HPEは今後も、マルチクラウド環境の導入が容易な、高品質のOpenStackソリューションとCloud Foundry PaaSソリューションをお客様に提供していきます。」

SUSEとHPEは最近、OpenStackに関するSUSEの専門性を活用し、HPEのHelion OpenStackソリューションとHelion Stackato PaaSソリューションを中心とした共同イノベーションの実現に向けた、両社の関係拡大を発表したばかりですが、本日の発表はこれに続くものです。本日発表した取引には、HPEのHelion OpenStackとHelion Stackatoのソリューション内での使用目的で、HPEがSUSEのOpenStack IaaSおよびCloud Foundry PaaS技術をOEM提供するという、非独占契約も含まれています。

Cloud Foundry Foundationのエグゼクティブ・ディレクターであるアビー・カーンズ(Abby Kearns)氏は、次のように述べています。「SUSEは、エンタープライズ向けオープンソースの分野で20年以上にわたって大きな影響力を発揮しており、同社のCloud Foundryディストリビューションが、世界中の企業と開発者に及ぼす影響には、大きな期待を寄せています。Platform-as-a-ServiceとContainer-as-a-Serviceの技術融合というSUSEの戦略的ビジョンが、Cloud Foundry Foundationコミュニティ内で意見が交わされる戦略的テーマに加わることも、大いに歓迎しています。」

今回の買収に関するその他の観点と、SUSEおよび同社の顧客企業に及ぼす影響については、www.suse.com/communities/blog/acquisition-news-suse-acquiring-iaas-and-paas-technology-and-talent-from-hpeをご覧ください。SUSEのクラウドソリューションについての詳細は、www.suse.com/cloudをご覧ください。