現在位置: ホーム / OSSブログ / セキュリティホワイトペーパー:効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明)

セキュリティホワイトペーパー:効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明)

本記事では、セキュリティホワイトペーパー:効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明)をご紹介します。

サイオスでは日頃のセキュリティに関心を持って頂けるよう、セキュリティに関するホワイトペーパーを公開いたしました。まず第一弾として、「効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明)」を公開いたします。

ぜひ、日頃の運用の参考にご活用頂ければと思います。また、OSSのセキュリティにお困りの際はお気軽にサイオステクノロジーまでご相談ください。

 

効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明)

2015 年から、マルウェアの一種であるランサムウェアが脅威として注目されています。
これは、悪意のある攻撃者が、ユーザのデータを勝手に暗号化や改変を行い、復旧するために身代金を要求してくるというものです。特に昨今、ビットコインなど犯罪者にとっても足のつきにくい仮想通貨が実用化されたため、この仮想通貨を利用した身代金要求ということで被害件数が増加しています。

このようなランサムウェアを含むマルウェアに対応するには、やはり昔からある「AntiVirus ソフト」を利用することが最も効果的です。サイオステクノロジーでは、このAntiVirus の効果的な設定方法に関して、特に実際の日々の運用を行う上で、いわゆるウィルススキャンの種類や効果的な設計・設定方法、スキャン対象などの点について記載していきたいと思います。

第一弾の本書では、多くのAntiVirus で採用されているウィルススキャンの種類や用語に関しての説明をしてきたいと思います。

効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明) ダウンロード

効果的なAntivirus の設定と運用 (第一部 用語説明) ダウンロード