現在位置: ホーム / OSSブログ / NGINX Plus R10 リリース

NGINX Plus R10 リリース

本記事では2016年9月23日にリリースされました NGINX Plus R10についてまとめております。

NGINX Plus Release 10(R10)

  • 新しい Dynamic module: ModSecurity (パッケージ名は nginx-plus-module-modsecurity)、初期のModSecurity 3.0リリースで構築されています。
  • 新しい Dynamic module: nginScript (パッケージ名は nginx-plus-module-njs).
  • JSON Web Tokens (JWT)を使用したクライアント認証のサポート
  • TCP / UDPロードバランシング(NGINX variables, resolver support, map module, geo module, geoip module, および split_clients A/B testing support )に使用される stream モジュールの拡張。
  • 同じ仮想サーバー上に multiple ssl_certificate および ssl_certificate_key ディレクティブを定義することにより、デュアルスタックRSA / ECC証明書をサポートします。
  • proxy_bind ディレクティブの transparent パラメータを使用したIP透過性とダイレクト・サーバ・リターン(DSR)のサポート。DSRはUDPロードバランシングでのみサポートされています。
  • IP_BIND_ADDRESS_NO_PORT ソケットオプションをサポートしています(より多くのアップストリーム接続が可能です)。
  • Linuxカーネル4.2以降が必要です。 HTTP/2 の改善 : バッファリングされていないアップロードサポートと一般的なバグ修正。
  • 新しい NGINX 変数 : $request_id, $proxy_protocol_port, $realip_remote_port.
  • 更新されたモジュール (nginx-plus-extras および dynamic modules):
    • Headers-More module updated to version 0.31
    • Lua module updated to version 0.10.6
    • Phusion Passenger Open Source module updated to version 5.0.30
    • Set-Misc module updated to version 0.31

NGINX Plus R10 サポートOS :

  • CentOS 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • Debian 7, 8
  • FreeBSD 9.3, 10.1+
  • Oracle Linux 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • RHEL 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • SLES 12, 12 SP1
  • Ubuntu 12.04 LTS, 14.04 LTS, 16.04 LTS
  • Amazon Linux 2016.03+
  • Support for Ubuntu 15.10 (Wily Werewolf) is no longer available.

NOTE: NGINX Plus R10は、nginx-plus-extrasパッケージを含む最後のリリースです。 このパッケージを使用しているユーザは、nginx-plusパッケージに移行し、必要なdynamic modulesをインストールする必要があります。

より詳しい情報は次のURL(英語)にてご案内しております: Announcing NGINX Plus R10

サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン