現在位置: ホーム / OSSブログ / NGINX Plus R11 リリース

NGINX Plus R11 リリース

本記事では2016年10月25日にリリースされました NGINX Plus R11についてまとめております。

NGINX Plus Release11 (R11)

リリース日:2016/10/25 リリース

NGINX オープンソースBuild Version 1.11.5

NGINX Plus R11 リリース内容:

  • NGINX Plusとそれに対応するnginx / OSSのバージョンにて、バイナリ互換性のある「Dynamic Module」を導入
  • Stream moduleの拡張(追加の変数を使用したカスタムロギング、入接続のPROXYプロトコルサポート、PROXYプロトコルヘッダーからの実際のIPアドレスとポートの取得、SNIからさまざまな目的の変数へのサーバー名の抽出、カスタムルーティング )
  • ストリームメトリック(セッション、破棄)のステータスモジュールデータセットアップデートの拡張
  • キャッシュ・マネージャーは、古いキャッシュ・ファイルを削除するときにIterative operations modeをサポートするように改良され、ディスク負荷を軽減しました(proxy_cache_path ディレクティブの manager_files, manager_threshold, および manager_sleep パワメーターを参照).
  • sticky ディレクティブの domain パラメーターで変数を使用するためのサポートが追加されました。
  • 新しい変数 $upstream_bytes_received の追加 (stream と http の両方で対応)

 

NGINX Plus R11 サポートOS :

  • CentOS 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • Debian 7, 8
  • FreeBSD 9.3, 10.1+, 11.0
  • Oracle Linux 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • RHEL 5.10+, 6.5+, 7.0+
  • SLES 12, 12 SP1
  • Ubuntu 12.04 LTS, 14.04 LTS, 16.04 LTS, 16.10
  • Amazon Linux 2016.03+
  • Support for Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak) and FreeBSD 11.0 are new in this release.

NOTE: NGINX Plus R11には、nginx-plus-extrasパッケージは含まれていません。
このパッケージを使用しているユーザは、nginx-plusパッケージに移行し、必要なdynamic modulesをインストールする必要があります。
より詳しい情報は次のURL(英語)にてご案内しております: Announcing NGINX Plus R11

サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン