現在位置: ホーム / OSSブログ / 人気の高速Webサーバー Nginx が最新版 nginx 1.9.12 をリリース

人気の高速Webサーバー Nginx が最新版 nginx 1.9.12 をリリース

2016年2月24日に Nginx の最新版が公開されました。 本記事では、この最新版の情報についてご案内をさせて頂きます。

2016年2月24日に Nginx.org にて、nginx1.9.12 公開されました。

今回のアップデートでは BugFIX が多く含まれておりますので、Nginxご利用の方は対象の機能を利用されているかご確認下さい。

nginx 1.9.12 Changes 参考訳

  • 機能追加:HTTP/2 のレスポンスヘッダにハフマン符号(Huffman encoding)を対応
  • 機能追加:"worker_cpu_affinity" ディレクティブは 64CPU 以上をサポート
  • Bugfix:サードパーティ製のC++モジュールとの互換性。バグは nginx 1.9.11 以降のバージョンに含まれています。
  • Bugfix:Linux上のOpenSSLとNginxは静的に構築することができませんでした。バグは nginx 1.9.11 以降のバージョンに含まれています。
  • Bugfix:"add_header ... always"ディレクティブが空の値の場合、エラーレスポンスから"Last-Modified" と "ETag" ヘッダ行を削除しませんでした。
  • ワークアラウンド:OpenSSL1.0.2fを使用した場合、次のメッセージがログに表示されることがあります。
    "called a function you should not call" または "shutdown while in init"
  • Bugfix:無効なヘッダーが誤って記録される場合があります。
  • Bugfix:HTTP/2を使用した場合、Socketリークが発生する可能性があります。
  • Bugfix:ngx_http_v2_module のバグを修正

原文は以下のとおり。

Changes with nginx 1.9.12                                        24 Feb 2016

    *) Feature: Huffman encoding of response headers in HTTP/2.
       Thanks to Vlad Krasnov.

    *) Feature: the "worker_cpu_affinity" directive now supports more than
       64 CPUs.

    *) Bugfix: compatibility with 3rd party C++ modules; the bug had
       appeared in 1.9.11.
       Thanks to Piotr Sikora.

    *) Bugfix: nginx could not be built statically with OpenSSL on Linux;
       the bug had appeared in 1.9.11.

    *) Bugfix: the "add_header ... always" directive with an empty value did
       not delete "Last-Modified" and "ETag" header lines from error
       responses.

    *) Workaround: "called a function you should not call" and "shutdown
       while in init" messages might appear in logs when using OpenSSL
       1.0.2f.

    *) Bugfix: invalid headers might be logged incorrectly.

    *) Bugfix: socket leak when using HTTP/2.

    *) Bugfix: in the ngx_http_v2_module.
サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン