現在位置: ホーム / OSSブログ / nginx 1.11.5 リリース

nginx 1.11.5 リリース

2016年10月11日に nginx 1.11.5 がリリースされました。 ここでは、本リリースの日本語参考訳をご紹介します。

nginx 1.11.5 がリリースされ、機能変更と機能追加、バグ修正が行われました。

上流に利用可能なサーバーが存在しない場合の動作が、これまでのバージョンとは若干異なる仕様になっています。fail_timeout による有効期限が切れる仕組みが組み入れられましたので、意図しないエラーなどに繋がるケースも想定されますのでご注意下さい。

 

nginx 1.11.5 リリース情報 (日本語参考訳)

  • 機能変更:--with-IPv6 設定オプションが削除されました。現在のバージョンでは、IPv6サポートが自動的に構成されています。
  • 機能変更:現在は上流に利用可能なサーバが存在しない場合、nginx は以前と同様にすべてのサーバーの失敗回数をリセットしません、しかし、有効期限が切れるように fail_timeout を待ちます。
  • 機能追加:ngx_stream_ssl_preread_module を追加
  • 機能追加:"upstream" コンテキスト内の "server" ディレクティブは "max_conns" パラメータをサポートしています。
  • 機能追加:--with-compat configureオプションを追加
  • 機能追加"proxy_cache_path", "fastcgi_cache_path", "scgi_cache_path", and "uwsgi_cache_path" ディレクティブの "manager_files", "manager_threshold", "manager_sleep" パラメーターを追加
  • バグ修正:perlのモジュールを構築している間、--with-LD-opt configureオプションによって渡されるフラグを使用しませんでした。
  • バグ修正:"add_after_body" ディレクティブで "sub_filter" ディレクティブで使用します。
  • バグ修正:$realip_remote_addr 変数の修正
  • バグ修正:"dav_access", "proxy_store_access", "fastcgi_store_access", "scgi_store_access", "uwsgi_store_access" ディレクティブは、ユーザに指定された権限を無視していました。
  • バグ修正:unix domain listen sockets は、Linux上のバイナリアップグレード時に継承されないことがあります。
  • バグ修正:HTTPメソッド内で " - " 文字を含む要求の場合、nginx は 400 の応答を返しました。

 

リリース文 原文は以下をご覧ください。

Changes with nginx 1.11.5                                        11 Oct 2016

    *) Change: the --with-ipv6 configure option was removed, now IPv6
       support is configured automatically.

    *) Change: now if there are no available servers in an upstream, nginx
       will not reset number of failures of all servers as it previously
       did, but will wait for fail_timeout to expire.

    *) Feature: the ngx_stream_ssl_preread_module.

    *) Feature: the "server" directive in the "upstream" context supports
       the "max_conns" parameter.

    *) Feature: the --with-compat configure option.

    *) Feature: "manager_files", "manager_threshold", and "manager_sleep"
       parameters of the "proxy_cache_path", "fastcgi_cache_path",
       "scgi_cache_path", and "uwsgi_cache_path" directives.

    *) Bugfix: flags passed by the --with-ld-opt configure option were not
       used while building perl module.

    *) Bugfix: in the "add_after_body" directive when used with the
       "sub_filter" directive.

    *) Bugfix: in the $realip_remote_addr variable.

    *) Bugfix: the "dav_access", "proxy_store_access",
       "fastcgi_store_access", "scgi_store_access", and "uwsgi_store_access"
       directives ignored permissions specified for user.

    *) Bugfix: unix domain listen sockets might not be inherited during
       binary upgrade on Linux.

    *) Bugfix: nginx returned the 400 response on requests with the "-"
       character in the HTTP method.

Nginx CHANGES