現在位置: ホーム / OSSブログ / nginx 1.11.6 リリース

nginx 1.11.6 リリース

2016年11月15日に nginx 1.11.6 がリリースされました。 ここでは、本リリースの日本語参考訳をご紹介します。

nginx 1.11.6 がリリースされ、機能変更と機能追加、バグ修正が行われました。

大きな変更点としては、キャッシュディレクトリの保存場所の変更とSSLに関する仕様変更が行われています。

nginx 1.11.6 リリース情報 (日本語参考訳)

  • 仕様変更:$ssl_client_s_dn 変数と $ssl_client_i_dn 変数の形式が RFC 2253(RFC 4514)に変更されました。古い形式の値は、$ssl_client_s_dn_legacyおよび $ssl_client_i_dn_legacy 変数で使用できます。
  • 仕様変更:キャッシュディレクトリに一時ファイルを保存する場合、一時ファイル用の別のサブディレクトリではなく、対応するキャッシュファイルと同じサブディレクトリに保存されます。
  • 機能追加:メールプロキシにおける外部認証機構のサポート。
    Robert Norris に感謝します。
  • 機能追加:ngx_http_image_filter_module の WebP サポート。
  • 機能追加:変数は "proxy_method" ディレクティブでサポートされています。
    Dmitry Lazurkin に感謝する。
  • 機能追加:ngx_http_v2_module の ”http2_max_requests" ディレクティブ。
  • 機能追加: "proxy_cache_max_range_offset"、 "fastcgi_cache_max_range_offset"、 "scgi_cache_max_range_offset"、 "uwsgi_cache_max_range_offset" ディレクティブ。
  • バグ修正:古いワーカープロセスを正常にシャットダウンするには、HTTP/2 を使用する際に無限の時間がかかることがあります。
  • バグ修正:ngx_http_mp4_module にあります。
  • バグ修正:キャッシングを有効にして WebSocket 接続をプロキシするときに、「ignore long locked inactive cache entry」アラートがログに記録されることがあります。
  • バグ修正:バックグラウンドへのSSLハンドシェイク中にタイムアウトが発生した場合、nginx はログに何も書き込まず、504 の代わりに 502 のコードを返しました。

 

リリース情報原文は以下の通り。

Changes with nginx 1.11.6                                        15 Nov 2016

    *) Change: format of the $ssl_client_s_dn and $ssl_client_i_dn variables
       has been changed to follow RFC 2253 (RFC 4514); values in the old
       format are available in the $ssl_client_s_dn_legacy and
       $ssl_client_i_dn_legacy variables.

    *) Change: when storing temporary files in a cache directory they will
       be stored in the same subdirectories as corresponding cache files
       instead of a separate subdirectory for temporary files.

    *) Feature: EXTERNAL authentication mechanism support in mail proxy.
       Thanks to Robert Norris.

    *) Feature: WebP support in the ngx_http_image_filter_module.

    *) Feature: variables support in the "proxy_method" directive.
       Thanks to Dmitry Lazurkin.

    *) Feature: the "http2_max_requests" directive in the
       ngx_http_v2_module.

    *) Feature: the "proxy_cache_max_range_offset",
       "fastcgi_cache_max_range_offset", "scgi_cache_max_range_offset", and
       "uwsgi_cache_max_range_offset" directives.

    *) Bugfix: graceful shutdown of old worker processes might require
       infinite time when using HTTP/2.

    *) Bugfix: in the ngx_http_mp4_module.

    *) Bugfix: "ignore long locked inactive cache entry" alerts might appear
       in logs when proxying WebSocket connections with caching enabled.

    *) Bugfix: nginx did not write anything to log and returned a response
       with code 502 instead of 504 when a timeout occurred during an SSL
       handshake to a backend.
サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン