現在位置: ホーム / OSSブログ / nginx 1.11.9 リリース

nginx 1.11.9 リリース

2017年1月24日に nginx 1.11.9 がリリースされました。 ここでは、本リリースの日本語参考訳をご紹介します。

nginx 1.11.9 がリリースされ、複数のバグ修正が行われました。

nginx 1.11.9 リリース情報 (日本語参考訳)

  • バグ修正:stream module を使用している場合、nginxはCPUを占有する可能性があります。
    このバグは 1.11.5 以降のバージョンが対象になります。
  • バグ修正:メールプロキシのEXTERNAL認証機構が設定で有効になっていなくても受け入れられました。
  • バグ修正:stream module の "ssl_verify_client" ディレクティブが使用された場合、ワーカープロセスでセグメンテーションエラーが発生する可能性があります。
  • バグ修正:stream module の "ssl_verify_client" ディレクティブが機能しない可能性があります。
  • バグ修正:空きワーカー接続がないためにキープアライブ接続を閉じるのはあまりにも積極的であった可能性があります。 Joel Cunninghamに感謝します。
  • バグ修正:FreeBSDとmacOSで "sendfile" ディレクティブを使用すると、誤った応答が返されることがあります。 このバグは 1.7.8 以降のバージョンが対象になります。
  • バグ修正:"aio_write" ディレクティブを使用するときに切り捨てられた応答がキャッシュに保存されている可能性があります。
  • バグ修正:"aio_write" ディレクティブを使用している場合、ソケットリークが発生することがあります。

 

リリース情報原文は以下の通り。

Changes with nginx 1.11.9                                        24 Jan 2017

    *) Bugfix: nginx might hog CPU when using the stream module; the bug had
       appeared in 1.11.5.

    *) Bugfix: EXTERNAL authentication mechanism in mail proxy was accepted
       even if it was not enabled in the configuration.

    *) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process if the
       "ssl_verify_client" directive of the stream module was used.

    *) Bugfix: the "ssl_verify_client" directive of the stream module might
       not work.

    *) Bugfix: closing keepalive connections due to no free worker
       connections might be too aggressive.
       Thanks to Joel Cunningham.

    *) Bugfix: an incorrect response might be returned when using the
       "sendfile" directive on FreeBSD and macOS; the bug had appeared in
       1.7.8.

    *) Bugfix: a truncated response might be stored in cache when using the
       "aio_write" directive.

    *) Bugfix: a socket leak might occur when using the "aio_write"
       directive.

サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン