現在位置: ホーム / OSSブログ / nginx 1.11.10 リリース

nginx 1.11.10 リリース

2017年2月14日に nginx 1.11.10 がリリースされました。 ここでは、本リリースの日本語参考訳をご紹介します。

nginx 1.11.10 がリリースされ昨日の変更と機能追加が行われました。

今回のバージョンアップでは、キャッシュ関連の変更や機能追加が多く行われています。
変更の中にはキャッシュヘッダーフォーマットが変更されておりますので、変更による影響についてはご注意下さい。

nginx 1.11.10 リリース

  • 機能変更:キャッシュヘッダー形式が変更されました。以前にキャッシュされた応答は無効になります。
  • 機能追加:"Cache-Control" バックエンドレスポンスヘッダー行の "stale-while-revalidate" および  "stale-if-error" 拡張機能のサポート。
  • 機能追加:下記4ディレクティブの追加 "proxy_cache_background_update"、 "fastcgi_cache_background_update"、 "scgi_cache_background_update"、 "uwsgi_cache_background_update"
  • 機能追加:nginxは128文字までの "Vary"ヘッダー行で応答をキャッシュできるようになりました。
     (以前のバージョンでは42文字まででした)
  • 機能追加: "server_tokens" ディレクティブの "build" パラメータを追加。
    Tom Thorogood に感謝します。
  • バグ修正: "Expect:100-Continue" リクエストヘッダ行でリクエストを処理するときに、 "[crit] SSL_write()failed" というメッセージがログに記録されることがあります。
  • バグ修正:ngx_http_slice_module が指定された場所で動作しませんでした。
  • バグ修正: "X-Accel-Redirect" リダイレクト後にAIOを使用すると、ワーカープロセスでセグメンテーションエラーが発生することがあります。
  • バグ修正:最も長く gzipping を使用しているリクエストのメモリ消費量を削減しました。

 

リリース情報原文は以下の通り。

Changes with nginx 1.11.10                                       14 Feb 2017

    *) Change: cache header format has been changed, previously cached
       responses will be invalidated.

    *) Feature: support of "stale-while-revalidate" and "stale-if-error"
       extensions in the "Cache-Control" backend response header line.

    *) Feature: the "proxy_cache_background_update",
       "fastcgi_cache_background_update", "scgi_cache_background_update",
       and "uwsgi_cache_background_update" directives.

    *) Feature: nginx is now able to cache responses with the "Vary" header
       line up to 128 characters long (instead of 42 characters in previous
       versions).

    *) Feature: the "build" parameter of the "server_tokens" directive.
       Thanks to Tom Thorogood.

    *) Bugfix: "[crit] SSL_write() failed" messages might appear in logs
       when handling requests with the "Expect: 100-continue" request header
       line.

    *) Bugfix: the ngx_http_slice_module did not work in named locations.

    *) Bugfix: a segmentation fault might occur in a worker process when
       using AIO after an "X-Accel-Redirect" redirection.

    *) Bugfix: reduced memory consumption for long-lived requests using
       gzipping.
サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン