現在位置: ホーム / OSSブログ / HTTP/2 に対応した Nginx 1.9.5 がリリースされました。

HTTP/2 に対応した Nginx 1.9.5 がリリースされました。

2015年9月22日に HTTP/2 に対応した Nginx 1.9.5 がリリースされました。 今回は最新版のリリース内容をご案内します。

2015年9月22日に HTTP/2 に対応した Nginx 1.9.5 がリリースされました。

HTTP/2 への対応は、当初より2015年中の対応が予定されており、米国にて Nginx conf (9/22-9/24)が開催されたタイミングでのリリースとなりました。詳細を見ていきますと、SPDYモジュールを HTTP v2モジュールに置き換える形でのリリース内容となっています。

以下に日本語参考訳を掲載します。

  • HTTP/2 に対応したモジュール ngx_http_v2_module を追加(ngx_http_spdy_moduleからのリプレース)
  • 現在、"output_buffers" ディレクティブは、デフォルトでは二つのバッファを使用しています
  • 現在、再帰サブリクエスト制限は、非同期サブリクエストです
  • 現在、キャッシュから応答を返すとき全体のキャッシュキーをチェックします
  • "header already sent" キャッシュを使用するとき、ログに警告が表示されることがあります
    この
    バグは 1.7.5 から含まれていました
  • CephFS および Linux の "timer_resolution" ディレクティブを使用する際に"writev() failed (4: Interrupted system call)" エラーがログに表示されることがあります。
  • 無効な構成での取り扱いを行うバグの修正
  • "sub_filter" ディレクティブを HTTP レベルで使用した場合、セグメンテーションフォールトワーカープロセスで発生しました。このバグは 1.9.4 から含まれていました

参考:HTTP/2 を有効にする方法

HTTP/2 を利用するには、下記のような設定が必要となります。

SSL / TLSで暗号化されていない場合はこのタイミングでセキュアな HTTPS に対応することが推奨されています。

server {
    listen 80;
    location / {
        return 301 https://$host$request_uri;
    }
}

HTTP/2 を有効にします

"listen" ディレクティブに http2 の項目を追加します。

server {
    listen 443 ssl http2 default_server;

    ssl_certificate    server.crt;
    ssl_certificate_key server.key;
    ...
}

 ※HTTP/2の「Server Push」機能は、このリリースではサポートされていません。

設定を反省させるために、nginx の再起動を行って下さい。

参考URL:https://www.nginx.com/blog/nginx-1-9-5/

リリース内容の原文は下記を参照ください。

Changes with nginx 1.9.5                                         22 Sep 2015

    *) Feature: the ngx_http_v2_module (replaces ngx_http_spdy_module).
       Thanks to Dropbox and Automattic for sponsoring this work.

    *) Change: now the "output_buffers" directive uses two buffers by
       default.

    *) Change: now nginx limits subrequests recursion, not simultaneous
       subrequests.

    *) Change: now nginx checks the whole cache key when returning a
       response from cache.
       Thanks to Gena Makhomed and Sergey Brester.

    *) Bugfix: "header already sent" alerts might appear in logs when using
       cache; the bug had appeared in 1.7.5.

    *) Bugfix: "writev() failed (4: Interrupted system call)" errors might
       appear in logs when using CephFS and the "timer_resolution" directive
       on Linux.

    *) Bugfix: in invalid configurations handling.
       Thanks to Markus Linnala.

    *) Bugfix: a segmentation fault occurred in a worker process if the
       "sub_filter" directive was used at http level; the bug had appeared
       in 1.9.4.

Nginx Changes

関連コンテンツ
NGINX Plus Release 7 リリース
サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン