現在位置: ホーム / OSSブログ / [OSS on Azure] Azureに仮想マシン(CentOS)を構築する

[OSS on Azure] Azureに仮想マシン(CentOS)を構築する

今回の目的は Azure に仮想マシンを構築することです。使用OSは CentOS を採用しました。 なぜ、CentOS なのかは SIOS の一員だからです。

はじめまして、この春に新卒で入社した新米です。今回はこれから取り扱うであろう技術にふれるため、Azureに仮想マシン(CentOS)を構築した際に行った手順、初心者である自分が感じた疑問など、投稿させていただきます。

目的とAzureについて

今回の目的は Azure に仮想マシンを構築することです。使用OSは CentOS を採用しました。
なぜ、CentOS なのかは SIOS の一員だからです。

Azureとは
Azure は Microsoft が提供しているクラウドソリューションです。
クラウドというと、ただデータを保存するだけと思われている方もいるかもしれませんが、現在では、クラウド上で
仮想のサーバを立ち上げられます。仮想マシンは Azure が提供しているクラウドサービスの一つで、マシンの
インスタンス、OS をある程度自由に設定できます。

 

仮想マシンの構築に必要なもの

今回、Azureに仮想マシンを構築するのに必要なものは

1. Microsoft アカウント
2. Microsoft Azure サブスクリプション
3. ターミナルソフト

この3つとなります。上の2つはAzureを利用するため必要なものです。
サブスクリプションとは、Azureの利用権利をさします。
もし、この2つをお持ちでない場合、下記のURLにて登録を行うことができます。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/free-trial/

また、Azureは1か月間の無料評価期間があるため、試しに利用してみてから継続するか、しないかを決めることができます。

最後のターミナルソフトは構築した仮想マシンを手元のデバイスから操作する際に使用します。
ターミナルソフトは数多くありますが、今回はオープンソースで開発されている「 Tera Term 」を使用して
います。「 Tera Term 」は下記のURLよりダウンロード可能です。

https://osdn.jp/projects/ttssh2/

 


 

続きはこちらのOSS on Azureの記事を御覧ください。