現在位置: ホーム / OSSブログ / [OSS on Azure] Azure上でNginxを構築し、リバースプロキシ機能を検証

[OSS on Azure] Azure上でNginxを構築し、リバースプロキシ機能を検証

Microsoft Azure上で、最近人気急上昇中のWebサーバであるNginxを構築し、Web画面を表示する検証を実施。また、Nginxの”リバースプロキシ機能”も同時に検証。

サイオステクノロジーでは、Microsoft Azure上でのOSSを活用するための技術トピックスを取り扱うサイトを運用しています。本記事はこの OSS on Azure 技術ブログより提供を受けて情報を掲載しています。

はじめに

こんにちは、今回はMicrosoft社が提供するクラウドプラット フォームMicrosoft Azure上で、最近人気急上昇中のWebサーバであるNginxを構築し、Web画面を表示する検証を行ってみたいと思います。しかし、Web画面を表示するだけでは Nginxの持ち味を生かせませんので、目玉の機能と言っても過言ではない”リバースプロキシ機能”を利用した構成の構築を行っていきます。また、仮想マシンの構築にはWebコンソールでは無く、Azure PowerShellから構築していきたいと思います。

構成

システム構成

構築するシステム構成は次の通りです。
diagram2

仮想マシン構成

構築する仮想マシンの構成は次の通りです。

項目名設定値
インスタンスサイズ A2 Basic (Core:2/RAM:3.5GB)
OS CentOS release 7.2 x86_64

インスタンスに「A2 Basic」を選択した理由として、CentOS及びNginxのシステム要件を満たしたCPUコア数/メモリ量であること。また、今回の検証では負荷分散や自動スケールなどの機能は利用しないため、Basicレベルを選択しました。

パッケージ構成

今回利用する主なパッケージ構成は次の通りです。

パッケージ名バージョン
Nginx 1.6.3-8

Azure環境の準備

まず、Azure環境で仮想マシンを構築する流れをご紹介します。前提としてAzureにログイン可能なアカウントやライセンスは取得済として記載させて頂きます。

Azure PowerShell の準備

以下のMicrosoft社の公式Webサイトを参考にAzure PowerShell をローカルマシンにインスールします。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/powershell-install-configure/

また、PowerShell上でMicrosoft Azureにログインするところまで進めます。

リソースグループの作成

Microsoft Azureでは仮想サーバやネットワーク、ストレージ等はリソースという単位で管理されるため、まずはリソースグループという枠を作成します。

項目名設定値
リソースグループ名 sios-azure-nginx
ロケーション japaneast
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
# リソースグループ名
> $RSCGRP = "sios-azure-nginx"
 
# ロケーション
> $LOCALE = "japaneast"
 
# リソースグループの新規作成
> New-AzureRmResourceGroup -Name $RSCGRP -Location $LOCALE
 
ResourceGroupName : sios-azure-nginx
Location : japaneast
ProvisioningState : Succeeded
 
Tags :
ResourceId : /subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/sios-azure-nginx

「ProvisioningState」 が「Succeeded」となっていることを確認します。

ストレージアカウントの作成

仮想マシンディスクなどを格納するAzure Storageを利用するため、ストレージアカウントを作成します。ストレージアカウントには以下の二種類存在し、今回はパフォーマンスを要求しないため、標準ストレージで作成します。

  • Standard Storage:標準ストレージ
  • Premium Storage:ソリッドステートドライブを利用した高パフォーマンスストレージ
項目名設定値
ストレージアカウント名 azurenginxstrage
ストレージタイプ Standard_LRS

※記号利用不可

1
2
3
4
5
6
7
8
# ストレージアカウント名
> $STRAGENAME = "azurenginxstrage"
 
# ストレージタイプ
> $STRAGETYPE = "Standard_LRS"
 
# ストレージアカウント作成
> New-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName $RSCGRP -Location $LOCALE -Name $STRAGENAME -Type $STRAGETYPE


仮想ネットワークの作成、パブリックIPの作成、ネットワークインタフェースの作成、仮想マシンの作成と続きます。記事の続きはこちらからご覧ください。
http://azure.sios.jp/archives/1

サイオスOSSよろず相談室

サイオスOSSよろず相談室(1)

問い合わせボタン